大学受験

大学受験が苦しいと思う人へ【簡単に苦しさを消し去る方法を教える】

大学受験が苦しくてヤバい、、、受験勉強を苦しいと思うことが無くなる方法ってないのかな?簡単にできる苦しさ対策を教えてほしい。

このような悩みを抱えている人に向けて、大学受験を苦しいと感じることを無くす方法について書いていきます。

大学受験を続けていると、どこかのタイミングで「受験勉強、苦しい、、、ヤバい、、、」みたいに感じることがあると思いますが、これだと勉強が進まなくなるので注意ですね。

苦しいと感じることの原因は色々あると思いますが、とにかく放置していると苦しさが募るだけなので、何かしらの対策を講じることが重要です。

本記事で紹介するような方法を試してみると、受験勉強の苦しみも案外簡単に払拭できると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容は下記の通り。

  • 大学受験を苦しいと思った時にやるべきこと
  • 大学受験を苦しいと思う原因とは
  • 大学受験を苦しいと思う原因に対処する方法

それでは、次の章から具体的に説明していきます。

スポンサードリンク



大学受験を苦しいと思った時にやるべきこと

大学受験を乗り切るには、受験勉強を苦しいと感じない方が良い、というのは直感的にも理解できるのではないかと思います。

「受験勉強、苦しい、、、」みたいにマイナスに感じてしまうと、努力する気力も無くなったりしますし、大学受験をする意味が分からないとか感じたりもします

最悪、そのまま大学受験を諦めてしまうことも、、、

でも下記の記事で注意喚起したように、大学受験を諦めた場合、かなりの確率で不利益が襲いかかってくるので後悔します。

あわせて読みたい
大学受験を諦めるのは、マジでもったいないです【少しの我慢で利益は絶大】 このように考えている人に向けて、大学受験を諦めるのはマジでもったいないという話を書いていきます。 この記事を書いている私は...

というわけで、大学受験を苦しいと思わないようにする術を考えるべきなのですが、一番効果的なのは、

大学受験を苦しいと思う原因を把握する→その原因に対する対策を講じる

ですね。

これをすれば、大学受験を苦しいとまで思わずに済むので、受験競争をやり切れる可能性が高められます。

大学受験を苦しいと思う三大原因

ではまずは大学受験を苦しいと思う原因を把握しましょう。

多分、大学受験が苦しいと感じられることの原因としては、下記のようなことがあると思います。

  • 勉強しても成績が伸びない
  • そもそも勉強が楽しくない
  • 受験は長期戦すぎて萎える、、、など

もちろん、他にも大学受験を苦しいと思う原因はあるかもしれませんが、まぁ主要なものはこんなところかと。

 

勉強しても成績が伸びないと苦しい、、、

大学受験中には勉強しても全然成績が伸びない時があると思いますが、そんな時は受験勉強がかなり苦しいものと感じてしまいます。

努力しても成長が感じられないと苦しいのは当たり前ですよね、、、

毎日何時間も勉強しても、テストを受けてみると結局以前と同じ点数、、、とかだと苦しいと思うなっていう方が無理です。

勉強の成果が結果として反映されるかどうかというのは、大学受験を乗り切る上でかなり重要なポイントになります。

そもそも勉強が楽しくない

大学受験が苦しいと思うことの原因として、そもそも勉強を楽しいと感じないこともあります。

楽しくないことを続けるのって、かなりストレスになるし疲労感も増えますよね

まぁ、大学受験を楽しいと思える人はごくわずかだったりもしますので、普通といえば普通のことですが、それでも少しくらいは楽しい科目やテーマがあったりするものです。

なので、勉強が全然楽しくない、という人にとっては大学受験がかなり険しい道のりになるという可能性は高いですね。

 

受験は長期戦すぎて萎える、、、

大学受験の辛いポイントとして、長期戦すぎるというのもありますよね。

大学受験の勉強期間は遅い人でも数ヶ月くらいはあると思いますし、早くから受験勉強をしている人となると2〜3年間くらいみっちり勉強することもあります。

本当に好きで勉強している一部の人を除いて、それだけの時間を大学受験勉強に費やすのは普通は苦しいと思うはずですね。

とはいえ、大学受験を諦めるという選択肢も選べない、、、

という感じで、長期戦ゆえにだんだんと大学受験に萎えていくという関係になります。

あと、長期戦だとかなり先のことを見据えて勉強しないといけないから、すぐに目に見える勉強の成果みたいなのも感じにくいんですよね。

このような感じで、大学受験は長期戦だからこその悩みみたいなものがあり、多くの人はそれに対して苦しいという感情を抱くのです。

スポンサードリンク



大学受験を苦しいと思う原因に対処する方法

それでは、ここからは先ほど挙げた大学受験を苦しいと思ってしまう主要な原因のそれぞれについて、ぴったりな対処法を示していきたいと思います。

勉強しても成績が伸びない人の対策

そもそも、大学受験で成績が伸びない理由には、下記の二つがあります。

  • そもそも勉強の量が足りない
  • 勉強量は足りているけど質が悪い

なので、これらに対処すれば必然的に大学受験を苦しいと思うことも少なくなりますね。

勉強量が少ない人が量を増やす方法

まず第1点目の、「勉強の量」が足りない人は、最低限大学受験で成績を伸ばすためにはある程度の勉強量が必要なので、そこはなんとかしなければなりません

単純に勉強量を増やすだけ、と言ってしまえば簡単なのですが、それは分かっていても勉強できないという人がほとんどだと思います。

そのような人におすすめなのが、一回ごとの勉強の量を減らしてしまって、勉強開始のハードルを下げることです。

例えば、下記の記事で紹介しているポモドーロテクニックという方法では、25分の勉強と5分の休憩を繰り返すこととなります。

あわせて読みたい
ポモドーロテクニックを使った勉強法で集中力UP!効率的に勉強できる手法 この記事ではこのような悩みにお答えするために「ポモドーロテクニックを使った勉強法」を紹介したいと思います。 ポモドーロテク...

そうすると、1回の勉強時間が25分で済むので「それくらいならやってみようと思たりします。

もしそれでも長く感じるなら5分とか1問とかでもいいです。

とにかく勉強を始めることさえしてしまえば、割と勉強が続いたりするので、まずは短時間勉強という感じで勉強開始のハードルをかなり下げることで苦しいと思うことが減ります

勉強の質が悪い人が質を向上させる方法

次に、勉強の量は確保できているが、いくら勉強しても全然成績が伸びないという人は、基本的に勉強の質に問題あり。

なので、より効率的かつ効果的に勉強できるように工夫する必要があります。

「勉強の質」を改善する方法としては、下記のプロセスを繰り返すことが大切です。

圧倒的に勉強する
⬇︎
成績が伸びない
⬇︎
その理由を把握する
⬇︎
勉強法を改善する
⬇︎
圧倒的に勉強する

詳しくは下記の記事で説明しているので、そちらを参照してください。

あわせて読みたい
【悲報】大学受験は甘くない!【受験で成功するために必要となる要素】 このような疑問を抱えている人に向けて、大学受験は甘くないけど攻略可能、という話をしていきます。 この記事を書いている私は、...

このチャートに基づいて自分の勉強法を進化させていけば、徐々に自分にとって理想の勉強法が身につきます。

勉強の質さえ改善されれば、あとは勉強時間を確保するだけで、どんどん自分の成績が伸びていくので勉強が急激に楽しくなります。

そのため、勉強しても全然成績が伸びないという人は、上記のチャートを頭に入れて自分の勉強法を見つめ直すことで、成績が上がり始めるので大学受験を苦しいと思うこともなくなります。

そもそも勉強が楽しくない人の対策

そもそも勉強が楽しくないという人の場合、勉強法を変えることによってかなり楽しみを感じられるようになりますので、大学受験が苦しいと思うようなことも減ります。

例えば、ゲーム感覚で勉強する、友達と勉強するとかですね。

勉強を楽しくするための方法は下記の記事で詳細にまとめていますので、そちらを参考にしていただきたいですが、とにかくただ単に暗記するとかただ問題を解くだけだと飽きますし苦しいです。

あわせて読みたい
大学受験は楽しいと思えたら勝ち【受験を楽しく乗り切る方法】 このような疑問を抱えている人に向けて、大学受験は「楽しい」と思えたら勝ちという話を書いていきます。 この記事を書いている私...

勉強が楽しく感じられると途端に成績も伸び始めたりしますし、自分なりに勉強法をアレンジしてコツを掴めたりするので、大学受験とはいえ苦しいと思うことはかなり少なくなりますよ。

というわけで、勉強が楽しくないと感じている人は、上記の記事などを参考にして自分なりに楽しいかもと思える方法を見つけてみることをおすすめします。

 

受験が長期戦すぎて萎えることの対策

大学受験が長期戦になるから萎える、ということに対しては勉強の成果を目に見える形にする、というのが対策としておすすめです。

自分が勉強した成果がすぐに結果に反映されているのを見ると、「勉強が無駄ではなかった」というように達成感や充実感、満足感などを感じられます。

また、自分の成長が目に見えていると、次に何を勉強するべきかという勉強指針が立てられるので、先の見えない状態で不安を抱えつつ勉強することを避けられます。

という感じで、勉強成果を明確に分かる形で勉強すれば、大学受験を苦しいと感じる回数を減らすことができるわけです。

では、勉強成果を明確に分かる形で勉強するにはどうすればいいのかということについでですが、例えば、

  • 毎日勉強の最後に小テストをやる
  • 定期的に模試やテストを解いてみる
  • 勉強したことを自分なりに説明してみる

、、、など、勉強内容を自分でアウトプットする機会を作ればOK。

自分が勉強したことをしっかり覚えているということが認識できれば、小さな成功体験を増やすことができるので、大学受験勉強が長期間にわたっても苦しいと思うことが少なくなります。

あとは、勉強に飽きたと思った時に、違う勉強にシフトするという感じで勉強方法に変化を加えることも良いですね。

例えば、

教科書を読む→問題集を解く→映像授業を受ける

という感じで、飽きたら次の勉強方法に移るみたいな。

スタディサプリに登録していれば、低価格(月額980円)で授業動画が見放題になるので、勉強に飽きた時の代替勉強法として活用できておすすめです。無料体験もあるので、気になる方は下記の記事からどうぞ。

あわせて読みたい
スタディサプリは無料でも使える?無料体験でも授業動画が見放題です(14日間) このように考えている方に向けて、スタディサプリの無料体験の情報や申し込み方法などについてまとめていきたいと思います。 東京...

 

大学受験を苦しいと感じる人に試してほしい対策としては、以上のような感じになります。

とにかく、大学受験を苦しいと感じたままでいると、全然勉強の効果が出なくなってしまいますし挫折のリスクも高くなるので、上記の内容を参考に色々と工夫しながら勉強していくのが良いかと。

 

これで本記事の内容は終わりです。最後まで読んでいただきありがとうございました。
他にも勉強関連の記事を多数用意していますので、ぜひそちらもご覧ください。

スポンサードリンク