大学受験

【受験生必見】短期間で難関大学に合格するために必要なこと【勉強量と最適な勉強法】

今まであんまり勉強してこなかったから他の人に遅れをとっちゃった。短期間でも難関大学に合格したいんだけど、無理かな?方法があるなら教えてほしい。

このような疑問を抱えている人に向けて、短期間で難関大学に合格するために必要なことを書いていきます。

この記事を書いている私は、元不登校・偏差値30代というかなり絶望的な状況から、1年間という短期間で早稲田大学等の難関大学に合格することができました。

周りの人と比べてもかなり早いペースで成績が上がった人間だと思いますので、その受験時代の経験を踏まえて短期間で難関大学の受験に成功するために必要なことを書きます。

本記事の内容は下記の通りです。

  • 短期間で難関大学に合格するために必要なこと
  • 最適な勉強法の見つけ方
  • 勉強法を紹介しているおすすめ書籍・メディア

それでは、次の章から短期間で難関大学に合格するための要素を書いていきます。

スポンサードリンク



短期間で難関大学に合格するためには「勉強量」と「最適な勉強法」が必要となる

結論から言うと、半年や1年という短期間の勉強で受験を乗り越え合格を手にするためには「勉強量」と「最適な勉強法」が必要となります。

(ちなみにここでいう「短期間」とは大体数ヶ月〜1年までを想定しています。)

短期間合格の鍵= 勉強量 + 最適な勉強法

軽く説明していきます。

短期合格の鍵①:勉強量

まず、「勉強量」については、短期合格のために必要となる最小限の勉強量が必要ということです。

当然ですが、全く勉強しないのに成績が上がるわけがありませんので、最低限の勉強を確保する必要があります。

とはいえ短期間合格を目指す人は他の受験生よりもそもそも勉強量が圧倒的に不足していることが想定されます。

なので、短期合格を目指している人は勉強量で勝負していてはいけません。

勉強量が必要というのは勉強の大前提であるからということでして、一番重要なのはこれから説明していく「最適な勉強法」の方です。

短期合格を狙う人でも最低限の勉強量は必要

「最適な勉強法」の話に進む前に、もう少し「勉強量」の話を深掘りしていきます。

まず、最低限の勉強量が必要と言いましたが、これは具体的にどれくらいなのか?というと個人的な感覚としては、ゼロから勉強すると仮定して、

MARCHレベル:3ヶ月くらい
早慶レベル:半年くらい
国立トップ:1年くらい

というのが最低限必要な期間かなと思います。

もちろん、1日の勉強時間の長さや受験者個人の元々の知識量などによってかなり変わってくるかもしれませんが、知識ゼロ(中学レベルくらい)の状態から始めるのならだいたいこれくらいは必要となるのかなぁと思います。

このように考える理由としては、私が調べた限りでは上記の期間の勉強量で合格している人が最短だったからです。

なので、もしかするともっと速いペースで合格できた方もいるかもしれませんが、とりあえず私の知りうる限りでは上記がトップです。(もっと短期間の勉強でゼロから合格を勝ち取った方がいればぜひ連絡ください、訂正します)

ちなみに、私の場合は中学レベルの内容から勉強して1年で早慶レベルに合格できたので、上記のトップ層ほど速いわけではないですが、多分、ほとんどの人よりは短期間の勉強で合格できていると思います。

短期合格の鍵②:最適な勉強法

では「最適な勉強法」についてですが、最適な勉強法を行うとはつまり「勉強の質を高めること」です。

勉強の無駄をなくし効率を高めていくことで、徐々に自分にとって最適な勉強法になります。

あわせて読みたい
勉強における無駄を省くことの必要性 / 取捨選択で効率性は飛躍的に上がるどうもどうも 今回は『無駄を省いて勉強をする』というテーマで書いていきたいと思います。 受験生は多くの科目を同時に勉強しなけ...

短期間で合格するために「最適な勉強法」が最重要事項になる理由は、短期合格を狙う人は勉強量で圧倒的に負けていることが多いからということです。

例えば、1日4時間勉強を高校3年間続けた人に、1年間だけで「勉強時間」で追いつこうとすると毎日12時間勉強しないといけませんよね。でも、これは現実的ではないことは明白です。

なので、短期間合格を目指す人はいかにして短い勉強時間の間に効率的に成果を出すことができるのか、つまり勉強の質を高めることができるのかというのが重要になるわけです。

勉強の質を高めるためことは勉強量が前提となる

勉強の質の高め方についてですが、前提として一定数の勉強量が必要となります

これは、

勉強の数をこなす→自分の改善点を把握→改善後にまた勉強する

というプロセスを経ることによって勉強の質が高まっているからです。

勉強の質の高め方については下記の記事でも詳しく書いていますので、ぜひそちらをご覧ください。

あわせて読みたい
勉強の要領が悪いという悩みをあっさり解決【要領よく勉強する方法を解説】 この記事ではこのような悩みを抱えている人に向けて、要領よく勉強するための方法、について書いていきます。 この記事を書いてい...

そして、勉強の数をこなすことや改善するのも、いろんな勉強法を見つけて試してみるのが一番良いのですが、次の章で勉強法の見つけ方について書いていきます。

スポンサードリンク



短期合格を狙うなら最適な勉強法を見つける必要がある

それでは最適な勉強法を見つける手段ですが、一番良いのは受験に成功した人や勉強が得意な人におすすめな勉強法を聞いてみることでしょう。

  • 友達の勉強法を聞く
  • 先生のおすすめ勉強法を聞く
  • 勉強法の書籍を読む
  • 受験ブログの記事を読む、、、など

勉強法は身の回りの人からも聞くことができますし、勉強法について発信しているメディアも沢山あるので参考にしてみると良い勉強法が簡単に見つかります

下記の記事でも「自分に合った勉強法」の見つけ方として紹介していますので、さらに詳しく知りたい方はそちらを読んでみてください。

あわせて読みたい
正しい勉強法で成績は上がる!自分に合った最適な勉強法の見つけ方 この記事ではこんな悩みについてお答えしていきます。 どうもどうも この記事を書いている私は、元不登校&偏差値30代だ...

 

最適な勉強法を見つけるのに役立つ書籍

勉強法について書いている書籍でおすすめのものをいくつか紹介しておきます。

東大主席弁護士が過去に実践していた勉強法を紹介している本です。

東大生がゲームの形で暗記をするという勉強法について書いている本です。

東大医学部にして司法試験合格者が勉強法について書いている本です。

メディアでおなじみ、メンタリストDaiDoさんが科学的におすすめな勉強法を紹介している本です。

最適な勉強法を見つけるのに役立つメディア

書籍の他にもこのブログのようにおすすめな勉強法を発信しているメディアが沢山あります

このブログだと例えば下記のような記事があります。

 

このブログ以外にも例えば、東工大の鼎さん@hu_ncf)が運営している下記のブログでも勉強法についてかなり有益な情報発信がされています何より東工大なので理系の勉強法を聞くなら一番最適かもしれません

ブログの記事も勉強に役立ちますし、Twitterのツイートや質問に対する回答など、受験生にとって有益な情報が盛りだくさんなので、気になる方はぜひ参考にすると良いかと思います。

 

短期間で受験に合格するのは不可能ではない

というわけで、「一定の勉強量」基づいた「最適な勉強法」さえ続けられれば、短期間で難関大学に合格することは不可能ではありません

上記で紹介したもののように、現在は勉強法についての発信源が多いので、自分にとって最適なものを見つけることもかなり容易です。

なので、とにかくたくさんの勉強法や情報に触れて、その中で自分の気になるものを片っ端から試していくのが良いかと思います。

 

以上、短期間で難関大学に合格するために大切なことを書いてきました。最後までご覧いただきありがとうございました。
本文でも紹介しましたように、他にも勉強に役立つ記事を多数用意していますので、ぜひそちらも合わせて読んでみてください。

スポンサードリンク