やる気

短時間の勉強でも、勉強しないよりはマシ【5分でもいいから勉強すべし】

勉強のやる気が全然湧かないんだけど、短時間の勉強で終わりにするのってダメかな?ちょっとでも長く勉強した方がいいのかな?それとも1日くらい休んでも良かったりする?

このような疑問を抱えている人に向けて、短時間の勉強でも勉強しないよりはマシという話をしていきます。

正直、1日や2日くらい休んでもいいだろうと思う人って多いと思いますけど、たった数日の休暇が結構マイナスに作用することって多いです。

なので、短時間でもいいから勉強するべき、というのが正解筋ですね。

本記事の内容は下記の通り。

  • 短時間でも勉強した方がいい理由
  • 短時間で勉強終了でもいい理由
  • 短時間の勉強を利用した勉強方法

それでは次の章から説明していきます。

スポンサードリンク



短時間の勉強でも、勉強しないよりはマシ

短時間の勉強でも、全く勉強しないよりは全然マシです。

勉強時間がゼロになってしまうと、

勉強習慣がなくなってしまう

勉強内容を完全に忘れてしまう

次に勉強するのが億劫になる

というように、かなりマイナスな影響が大きくなってしまうのです。

そうすると、あとは堕ちるところまで堕ちるだけ。

一度堕ちてしまうと、そこからもう一度這い上がってくるのは並大抵の努力じゃ不可能ですし、かなりメンタル面や体力面でも負担があります。

つまり、全然勉強しない日を作ってしまうと勉強で成果を出すことが非常に難しい状況に追い込まれます

だから「最悪の状況」を防ぐためにも、短時間の勉強だけでもいいので毎日勉強を繰り返す方がいいのです。

もちろん、短時間の勉強のあとは気分転換とかをしてもいい。

下記の記事を参考にすれば、良い気分転換を図ることができるでしょう。

あわせて読みたい
勉強疲れにぴったり!おすすめな気分転換の方法15選【やる気を取り戻す】 このような疑問を抱えている人に向けて、勉強疲れにぴったりなおすすめ気分転換の方法を書いていきます。 気分転換の方法は良い方...

とにかく、勉強がゼロにならない。

これを徹底的に意識することこそが、習慣づけの第一歩というところです。

 

勉強のやる気がどうしても湧かない時は、短時間でやめてもOKです

じゃあ、勉強を始めて短時間でやる気がなくなった時、あるいはもともとやる気がなくて勉強してもやる気が湧かないままの時にはどうすればいいのか

シンプルに勉強をやめてしまってもいいですね

無理やり勉強してもあんまり効果ないですし、何より精神的にまいってる時とかに無理すると体調不良とかになるかもしれません。

下記の記事でも紹介していますが、私は以前、睡眠時間を削って色々と作業をしていて体調を崩してしまい全体的に作業はストップ。おかげで、結局は大幅に作業ペースが遅くなってしまったという経験があります。

あわせて読みたい
勉強は無理しないのが鉄則です【無理がたたると襲いかかる不幸】 このように考えている人はちょっと危険です。 確かに、勉強において「努力」が大切なことは言うまでもないのですが、だからと言っ...

体力的なこともそうですが、メンタル的に追い込まれている時も、一旦ゆっくり休むことはとても大切です。それが、結局はゴールへの最短ルートだったりしますから。

とはいえ、完全にゼロにしてしまうのも、マイナス面が大きいというのは前述の通り。

なので、ほどほどの力で短時間だけやっておく、というのが疲れが溜まっている時ややる気の湧かない時の一番良い勉強態度なわけです。

というわけで、勉強して全然やる気が出ないとか、疲れでどうしようもない、みたいな時は、素直に短時間の勉強で一旦やめにして体力回復を図る方が良いことも多いですよ。

 

短時間の勉強でやる気が湧いてきたら、そのまま続けると良い

じゃあ逆に短時間の勉強でやる気が湧いてきた場合にはどうすれば良いのか

これは簡単なことで、そのまま勉強を継続すれば良いだけですね。

下記の記事でも書いていますが、行動することでやる気が湧いてくるということってよくありまして、案外短時間だけの勉強でもすぐにやめる気持ちにはならなかったりします。

こんな時は普通にチャンス。

なので、この機会をうまく利用してそのまま勉強することで大きく勉強を進めることができるかもしれません。

あわせて読みたい
勉強を頑張ろうと強く「決意」するだけじゃダメです【行動こそが全て】 このような思いを抱いている方に向けて、勉強を頑張ろうと強く「決意」するだけじゃダメですという話をしていきます。 本記事の内...

そもそも、短時間の勉強さえすることがなかったなら、このように勉強のやる気が湧いてくることもなかったのですから、やはりちょっとでも勉強してみることには意味があるのです。

短時間の勉強でも、勉強しないよりは圧倒的にマシというのはこのような意味でも結構ご理解していただけるのではないでしょうか?

スポンサードリンク



短時間の勉強でも効率よく勉強する方法【ポモドーロ】

じゃあ短時間の勉強をするなら、どのように勉強すれば良いのか

短時間勉強をうまく利用した勉強法がありまして、それがポモドーロ・テクニックという手法を用いた方法です。

簡単に説明すると、

25分の勉強→5分の休憩 (これを繰り返す)

というものです。

かなりシンプルですが、ビジネスの世界だったり学問の世界だったりと、効率的な作業が求められる分野ではよく利用される方法です。もちろん、勉強でも使えます。

詳しくは下記の記事で解説していますので、ぜひそちらを参考にして勉強していただけると、短時間の勉強を利用した効率的な勉強が身につきますよ。

あわせて読みたい
ポモドーロテクニックを使った勉強法で集中力UP!効率的に勉強できる手法 この記事ではこのような悩みにお答えするために「ポモドーロテクニックを使った勉強法」を紹介したいと思います。 ポモドーロテク...

ちなみにですが、本当にやる気が出ない時や体力的にきつい時は、上記のサイクルを1周とかで終わらせても良いです。

25分の勉強時間を5分とかに短く設定しても良いです。

とにかく、「やらないよりはマシ」という精神でいた方が結果は出やすいので、最初はハードルを下げてやってみることをお勧めします

 

短時間の勉強で何を勉強すれば良い?

短時間の勉強で何を勉強すれば良いのか。

結論は、何でも良いです。

  • 数学の問題を1問だけ解いてみる
  • 日本史の教科書を10頁だけ読む
  • 英単語を20個だけ暗記してみる

、、、など、とにかく勉強と言えるものであれば何でもOK。

何度も言いますが、やらないよりはマシ

とにかくちょっとだけでも良いから勉強する。

短時間の勉強だからそんなに大したことはできないかもしれませんが、それでも良いので自分がやりたいとかやってもいいと思えたことを、ちょろっとやってみましょう。

 

以上で短時間の勉強でも、勉強しないよりはマシという話を終わります。最後までご覧いただきましてありがとうございました。
他にも勉強に関する記事をたくさん書いているので、ぜひそちらも読んでみてください。

スポンサードリンク