効率を上げる方法

勉強はやる気があるうちにガッツリやるべき理由|勉強機会の重要性

受験生くん
受験生くん
勉強しないといけない、、、けど、なるべく最小限の勉強で済ませたい。ずっと勉強し続けるなんて絶対ムリ!!!

どうもどうも。

今回はこんな思いを持っている方に対して、『勉強はやる気があるうちにガッツリやるべき』というテーマで書いていきたいと思います。

勉強の量をなるべく減らしたいというのは、受験生や学生にとって大きな望みだと思います。

でも、実際はそれがなかなかできない、うまくいかないものですよね。

勉強の量を減らすためには、効率の良い勉強法を導入したり、効果のあることだけやる、というような勉強戦略が必要になるので、まずはそこから見直さなければなりません。

ただ、そのような”勉強のやり方”だけではなく、”勉強の機会”も勉強効率を上げるためには重要になります。

というわけで、本記事では以下のような内容について書いていきます。

  • やる気がないのに勉強しても意味がない
  • やる気を出すために必要なこと
  • 勉強効率を上げるために勉強をやめるべき
  • やる気のある勉強時間を増やすための具体的な方法

受験生や学生の方で効率よく勉強をしたいという方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク



やる気がないのに勉強しても意味がない?!

勉強の効率を上げるためには、いつ勉強をするのが効果的なのか、ということを考えることが非常に大切です。

勉強のタイミングは勉強の効率性に大きく影響して、これを意識するだけでもかなり勉強量を減らすことができるからです。

いつ勉強をするのが効果的なのかという問いに対して簡潔に結論を言うと以下のとおりです。

やる気があるときにガッツリ勉強するべき
やる気がない時は勉強するべきじゃない

非常にシンプルですが、結局はやる気があるうちに勉強に集中して取り組み、やる気が出ない時は諦めて他のことをやって気分を変えるのが良いということです。

この理由は、勉強に対するやる気が全然ないのにダラダラと勉強しても、勉強内容が全く頭に入らない非効率的な勉強になってしまう、からです。

勉強以外でもそうですが、やる気がないときに何かに取り組んでもあまり成果は出せません。

それよりも、勉強に対するやる気が高まっている時の方が、集中力もありますし記憶力も高くなっているはずです。

おそらく誰しもが一度は「今日はなんだか調子が良くてめっちゃ勉強できる!!」と思うような経験があると思いますが、このようなやる気があるタイミングでの勉強を増やすことができれば非常に効果的に勉強を進めることができるのです。

やる気を出すために必要なことは”行動”すること

やる気があるうちにガッツリ勉強した方が良いとは言っても、「そもそも勉強のやる気が出ないんですけど???!!!」とお悩みの方もいるかと思います。

勉強のやる気を生み出すたった一つの方法!行動が気持ちを引き起こす』でも書いたように、勉強のやる気を出したいのであれば”勉強をする”必要があります。
※詳しく知りたい方はリンク先の記事を読んでみてください!!

勉強を始めるとやる気が出てきたりしますし、逆に勉強を始めないままでいるといつまでも勉強のやる気はゼロのままです。

少しの時間でもいいので教科書を読んだり問題集を開いたりしてみると、それまでは全然勉強なんてする気が無かったのに自然と調子が出てきたりします。

逆説的にはなりますが、勉強に対するやる気がない時こそ積極的に勉強するべきということです。

スポンサードリンク



勉強してもやる気が出ない時は一旦やめるべき

勉強を開始したのはいいけど、それでも全然勉強のやる気が起きないということがあります。

本記事で一番伝えたいことはまさにここにありまして、「勉強のやる気が起きないのであればいっその事勉強をやめてしまえ」ということです。

前述しましたが、勉強のやる気がないのにダラダラ続けても何も得られません。

それどころか、勉強しているのに成績が伸びないという失敗体験を作ってしまうので、むしろマイナスな側面の方が強かったりもします。

効率的に勉強したいのであれば大切なことは、やる気がある時の勉強時間を増やす、ということを意識することです。

無駄な勉強を減らして効率よく勉強する。

この意識が勉強で結果を出すためには絶対に必要になります。

勉強はやるべき時にガッツリやって、やるべきではない時は何もしない、というのが効率的な勉強をするための理想形になるわけです。

やる気のある勉強時間を増やすための具体的な方法

「じゃあ具体的にどういうやり方で勉強すれば無駄なく勉強できるの???!!!」という点についてですが、私のオススメとしては以下のやり方が良いかと思っています。

ステップ① まずは勉強を始める(5分でも良い)

ステップ②−1 勉強していて”やる気”が湧いてきた場合は、疲れるまで(集中力がなくなるまで)その勉強を続ける

ステップ②−2 勉強していても”やる気”が湧かないなら一旦勉強をやめて休憩する(5分)

ステップ③ 5分間の休憩が終わったらまた勉強を開始する➡︎ステップ①に戻る

このように、まずは5分間くらいの短時間でもいいので勉強を始めてみて、やる気が出ない場合は一旦勉強を諦めて休憩する、というのを繰り返すと自然とやる気のある状況下での勉強量が増えることになります。

この方法のポイントとしては、まず休憩は絶対に5分間で終えること、という点です。

大切なのは勉強するという”行動”を増やしてやる気を出させることにあるので、休憩は長引かせずに勉強の機会を増やすのが大事です。

その他にも勉強一般に言えることですが、休憩中にはなるべくスマホやゲームを触らないとか、勉強中はスマホを遠くに置いておくとかもポイントかもしれません。
>>>関連記事:【勉強の休憩が長引く原因】時間を無駄にしない休憩方法のポイント

なるべく勉強を始めやすい(休憩を長引かせない)、かつ、勉強の集中力を途切れさせないような環境を作っておくのも効率性を高めるための重要な要素になります。

なかなか上手く勉強できないと悩んでいる受験生の方は、ぜひ上記の方法を試してみてください。

もしかしたら、上記の方法をうまくアレンジすることで、より自分に合った勉強法を見つけることができるかもしれませんので、そこは柔軟に対応してみてください。
>>>関連記事:正しい勉強法で成績は上がる!自分に合った最適な勉強法の見つけ方

勉強の機会を増やすことが大切

前述もしたのですが、大切なことなので最後にもう一度伝えたいのは、「勉強の機会を増やす」ことを意識することが勉強の効率性を高めるためには絶対に必要ということです。

勉強するとやる気が湧くことはよくありますし、逆に、勉強してもやる気が出ないこともよくあります。

つまり、自分にとって勉強のやる気がある状態なのかどうかは、勉強の機会を作らなければ分からないということです。

勉強してもやる気が出ないのなら、その時はまだ勉強するべき時ではありません。

やる気が出たのであれば、その時はガッツリ勉強するべきチャンスです。

いずれにしても、勉強の機会を増やしていけば、それだけ勉強のやる気が出るきっかけも増えるということです。

やる気が出るきっかけを増やせば、当然それだけ効率的に勉強できる時間も増えるわけです。

だから、とにかく勉強を始める瞬間を増やすのが大切になるのです。

まとめ

最後に本記事のポイントを簡単にまとめておきます。

要点まとめ
  • 効率的に勉強したいのなら”やる気のある勉強”を増やすべき
  • 勉強を始めてもやる気が出ないのなら、一旦勉強をやめるのが良い
  • 勉強の機会を増やせば、勉強のやる気を出すきっかけを増やすことができる
  • 少し勉強して、やる気が出ないなら休憩、やる気が出たなら勉強継続というのがオススメ

以上

スポンサードリンク