勉強論

勉強は日々の積み重ねが決め手【積み重ねをラクにする方法教えます】

勉強を日々積み重ねるのって辛すぎ、、、でも毎日勉強しないと成績伸びないよね、、、どうすれば毎日の勉強の積み重ねがラクになるのか教えてほしい

このような悩みを抱えている人に向けて、勉強の積み重ねをラクにする方法、について書いていきます。

本記事の内容を参考にすれば、毎日勉強することが苦手な人でも勉強の積み重ねをラクに行うコツが分かるので、ぜひ最後まで読んでください

本記事の内容は下記の通りです。

  • 勉強の積み重ねが成功の鍵となる理由
  • 勉強の積み重ねだけで周りの人に勝てる理由
  • 勉強の積み重ねをラクにする方法

それでは次の章から具体的に詳述していきます。

スポンサードリンク



勉強は日々の積み重ねが結果に反映されます【努力した者勝ちの世界】

何事もそうですが、何かで結果を出したいのであれば努力の積み重ねが必然的に要求されます

特に、勉強の世界は「努力した者勝ち」と言えるくらい、日々の勉強の積み重ねが色濃く結果へと反映されます

これは勉強においては才能よりも「やり方」や「量」の方が重視されるからです。

例えばですが、勉強量が1日3時間の人と1日10時間の人を比較してみると積み重ねの大切さが明確になります。

1日3時間勉強の人は、1週間で21時間、1ヶ月で約90時間、1年で約1100時間の勉強量になります。

一方で1日10時間勉強の人は、1週間で70時間、1ヶ月で約300時間、1年で約3650時間の勉強量になります。

つまり、両者の間では、1週間で49時間(=およそ2日)、1ヶ月で約210時間(=およそ9日)、1年で2550時間(=およそ106日)くらい差が開いてしまうということです。

このように計算してみると、毎日積み重ねて勉強するかどうかによって、最終的には大きな勉強量の差が生じてしまうのです。

これだけ勉強時間に差が開いてしまうと、普通の人ではなかなか勝負することはできません。

下記の記事でも書いていますが、「勉強量」に差が出るとそれだけ「勉強の質」にも差が生じてしまいます。たくさん勉強している方が効率よく勉強するコツを掴めるのは言うまでもありませんね。

あわせて読みたい
勉強の要領が悪いという悩みをあっさり解決【要領よく勉強する方法を解説】 この記事ではこのような悩みを抱えている人に向けて、要領よく勉強するための方法、について書いていきます。 この記事を書いてい...

なので、毎日勉強を積み重ねることこそが勉強で成功を掴み取るために一番大切な要素というわけです。

 

勉強を日々積み重ねることは辛い、だからこそ「積み重ね」だけでも他人に勝てる

正直、勉強を日々積み重ねることは結構難しくて、みんながみんな当然にできることではありません

この記事を書いている私も、受験生の頃は「1日くらい休みたいなぁ」とか思ったことがあるのですが、それでも自分の甘さに負けたくない思いから、毎日勉強を積み重ねていました。

その結果、自分が勉強を積み重ねている間に周りの受験生がどんどん脱落していき、なんとか早稲田大学等の難関大学に合格することができたのです。

勉強を毎日積み重ねていくことはとても辛いと感じられるときもあるかもしれません。でも他の人にとっても同じように積み重ねは辛いものなのです。

だからこそ、自分が諦めずに勉強を積み重ねることによって、周りの人が勝手に挫折してくれるためそれだけでも勉強という世界では他人に勝つことができるのです。

勉強が苦手という人でも、毎日勉強するだけで十分勝負できる実力をつけることはできますので、周りの人よりも早く諦めることがないように走り続けましょう。

スポンサードリンク



勉強の積み重ねをラクにするための方法

それではここからは勉強の積み重ねをラクにするための方法について書いていきます。

勉強の積み重ねをラクにするには下記のような方法が有効です。

  • 勉強のハードルを下げる
  • 教科書や参考書は開いたままにする
  • 常に視界に勉強内容が入っている状況にする
  • 映像授業を利用する、、、など

一つずつ説明していきます。

勉強のハードルを下げる

おそらく多くの人が勉強を「始めること」に苦労するのだと思います。

でも下記の記事でも書いていますように、勉強のやる気が起きないといくら思っていても意味がなく、それよりも5分とかの短い時間でもいいから勉強を始めることが大切です。

あわせて読みたい
勉強のやる気を生み出すたった一つの方法!行動が気持ちを引き起こすどうもどうも。 今回は『勉強のやる気を生み出す方法』というテーマで書いていきたいと思います。 「全然勉強のやる気が湧かなくて...

一度勉強を始めてしまえば案外勉強継続できるものなので、「勉強を始める」というのを意識すると日々の積み重ねもラクになります。

勉強のハードルを下げるためのおすすめな方法は、1回あたりの勉強時間を短くすることです。

例えば、下記の記事で紹介している、ポモドーロテクニックという手法を用いた勉強法では、1回の勉強時間を25分くらいに設定してそれが終わると5分間の休憩になるというように、比較的短時間の勉強時間を積み重ねることで効率的に勉強することができます。

あわせて読みたい
ポモドーロテクニックを使った勉強法で集中力UP!効率的に勉強できる手法 この記事ではこのような悩みにお答えするために「ポモドーロテクニックを使った勉強法」を紹介したいと思います。 ポモドーロテク...

25分の勉強すら長く感じる人は、本当に5分とか1分とかでもいいですし、問題を1問だけ解くとかでも良いです。

とにかく勉強を始めないことには積み重ねも何もないので、まずは短時間でも勉強を始める

勉強する気が湧いてきたなら続けて、全然勉強する気になれなかったらちょっと休憩してまた勉強を始めることに挑戦してみましょう。

勉強のハードルを徹底的に下げることで、勉強がめんどくさいと感じている人でも小さな積み重ねをすることができます。

教科書や参考書は開いたままにする

日々の勉強の積み重ねをラクにする手段として、教科書や参考書などを開いたままにしておくことも有効です。

先ほども言ったように、勉強の積み重ねをするにはとにかく「勉強を始める」ことが大切です。

勉強を始めなければやる気が湧くこともないですし、勉強を始めてしまえばそのまま継続できるものだからです。

そして「勉強を始める」ことを容易にする方法として、教科書や参考書を閉じることなく常に開いた状態でキープしておくことが有効ということです。

そうすれば他のことをしている時でも、教科書の中身が目に入ってくるので自然と呼んでしまうこともありますし、何よりダラダラモードから勉強モードへの移行のきっかけができます。

やる気スイッチ」という言葉はよく使われるのですが、やる気スイッチとは「何かを見たら勉強モードに入る」というように自分で勉強のやる気を入れるためのきっかけを作ることです。

教科書や参考書を開いたまま目の入る場所においておくと、それがやる気スイッチとして機能するので勉強を開始しやすくなる、つまり日々の勉強の積み重ねが容易になるのです。

常に勉強すべきことが視界に入っている状況にする

先ほどのこととかなり重複はしますが、勉強すべきことを自分の視界内に置いておくことも日々の積み重ねを助ける術になります。

例えば、トイレのドアに暗記したい英単語リストを貼っておくと自分がトイレに入るたびにそのリストが目に入ることになります。

テレビをよく見るのならそのテレビに英単語リストを貼っておくというのでもいいですね。

とにかくたくさん勉強のスイッチを作っておくと、自然と脳が勉強モードになったりもしますし、やる気がなくてダラダラしている時でも勉強のことが頭をよぎる状態にすることができます

そうすることで「勉強する」という気持ちが生まれる状況下に身を置くことができるので、勉強を日々積み重ねることが自然とできるような環境が整うのです。

これとは逆に、下記の記事でも書いているように、誘惑的なもの(例えばスマホやゲーム)が目に入る状態で勉強してしまうとそちらに気持ちが流れてしまう危険があるので、なるべく勉強するときにはそのような娯楽道具を身の回りに置かないことが大切です。

あわせて読みたい
勉強を中途半端にやると成績下がります【勉強は一点集中で取り組むべき】 このような悩みを抱えている人に向けて、勉強が中途半端になることの原因や解決策を書いていきます。 中途半端に勉強してしまうと...

勉強の積み重ねに苦労している人は「勉強を始めやすい環境づくり、勉強に集中できる環境づくり」ができるように心がけてみてください。

映像授業を利用する

勉強の障壁を無くすのに一番有効な勉強方法は映像授業を利用することです。

なぜなら、映像授業なら受動的に勉強することができるからです。

参考書を読んだり問題集を解くのは自分の積極的な行動がなければなかなかできないため、勉強を始めるまでのハードルが高いのです。

でも、映像授業なら動画を流してしまえば後はそれを見るだけでも十分勉強になります

でも自分から主体的に勉強しないと勉強の効果ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そもそも勉強を始めることさえなければ勉強の効果が有る・無いに関わらず成績が伸びることはありませんよね。

少なくとも映像で知識が頭の中に入ってくるのは間違いないので、映像授業を受動的に見続けた方が「積極的に勉強しなきゃ」と思いつつも全く勉強しない場合よりも100倍マシです。

下記の記事でも書いたように、完璧主義になりすぎると全く勉強が進まなくなってしまうので、それを避けるためにも映像授業で勉強するというハードルの低い勉強方法の方がまだ良いと言えるわけです。

あわせて読みたい
勉強で完璧主義になると圧倒的に不利です【完璧を目指すと効率が急降下します】 このように思っている方に向けて、完璧主義は勉強で不利に働きます、という内容で記事を書いていきます。 この記事を書いている私...

というわけで、なかなか勉強する気になれなくて勉強の積み重ねが上手くいかないという人は、映像授業を利用すると勉強がラクになりますのでオススメ。

最近はスタディサプリという月額980円で映像授業が見放題になるサービスもありますしYouTubeで授業動画を投稿している人もいるので、それほどお金を使うことなく動画で授業を受けることは可能です。

勉強の積み重ねが苦手なら映像授業の利用を考えてみてはいかかでしょうか?

下記の記事でも紹介していますが、スタディサプリでは14日間の無料体験期間が設けられています。無料でスタディサプリの授業動画を利用できるので、一度試してみるといいですよ。

あわせて読みたい
スタディサプリは無料でも使える?無料体験でも授業動画が見放題です(14日間) このように考えている方に向けて、スタディサプリの無料体験の情報や申し込み方法などについてまとめていきたいと思います。 東京...

以上で本記事の内容は終わりになります。勉強の積み重ねに苦労している方は本記事で紹介した方法を実践してみてください。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
他にも勉強に役立つ記事を多数用意していますので読んでみてください。

スポンサードリンク