勉強論

勉強に本気になる方法【本気になれない人に知ってほしいこと】

勉強しなきゃいけないのは分かっているのに、勉強に本気になれない。どうやったら勉強に真剣に取り組むことが出来るのか、勉強に本気になる方法を教えてほしい。

このような悩みを抱えている人に向けて、勉強に本気になる方法について書いていきます。

この記事を書いている私は、元不登校で偏差値30代という絶望的なところから1年の本気の勉強で早稲田大学等の難関大学に合格することが出来ました

というわけで、その当時になぜ私が勉強に本気になることが出来たのかという点を踏まえて、勉強に本気になる方法を具体的に書いていきたいと思います。

本記事の内容は下記の通りです。

  • 勉強に本気になれない理由
  • 勉強に本気になることのメリット
  • 勉強に本気になる方法

なかなか勉強に本気になれなくて困っている人は、本記事の内容を参考にすると勉強に真剣に向き合うことが出来るようになれます。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク



勉強に本気になれない理由

勉強に対して本気になれない人は大抵の場合下記のような理由があります

  • 危機感を持っていない
  • 勉強することのメリットが分かっていない
  • 自己劣等感が強い(諦めが早い)、、、など

一つずつ説明していきます。

危機感を持っていない

危機感を感じていない人は勉強に対して本気になることが少ないです。

そういう人は特に自分が追い込まれているわけでもないので「まぁなんとかなるかな」とか「こんなもんでしょ」みたいにそれなりの結果で満足してしまうのです。

例えば、危機感のない人は受験が迫ってきた時期に合格ギリギリの成績だったとしても「まぁ大丈夫だろう」とか「周りの人も全然勉強してないし、勉強しなくていいや」みたいになぜか安心してしまっていたり周りの人を見て行動を決めたりします。

でも、実際は合格ギリギリのところにいる人は、直前期ほどしっかり勉強しないといけないし、直前期の勉強がすごく合否に影響するということに気づいていない・気づいているけど無視していることがほとんどです

このように、自分の現状を客観的に踏まえていないと危機感なく勉強に本気になれないという事態に、、、

下記の記事でも書いたように、勉強の世界で本気で成功するためには気持ちの面もかなり重要になりますので、まずは危機感を持って勉強に本気を出すように心がけられると良いです。

あわせて読みたい
勉強は日々の積み重ねが決め手【積み重ねをラクにする方法教えます】 このような悩みを抱えている人に向けて、勉強の積み重ねをラクにする方法、について書いていきます。 本記事の内容を参考にすれば...

勉強することのメリットが分かっていない

勉強することのメリットや勉強しないことのデメリットを分かっていない場合にも勉強に本気になれません

そもそも勉強したらどんな良いことがあるのかが分かっていないのに勉強しろと言われても、本気で勉強に取る組むほどの意欲が湧くわけありませんね。

実際に、私も小学生や中学生の頃は「勉強して良い大学に行ったからどうなる」みたいに、あまり勉強に本気になって良いことなんてないだろうとか思っていました。

だから全然勉強してこなかったのですが、、、

でも今では「もっと本気で勉強していれば良かったなぁ」と思うこともよくあります。

最終的には受験期に猛勉強したおかげで早稲田大学等の難関大学に合格できたのですが、それでももっと早くから本気で勉強していたらどうだったかなぁと思うこともあるものです。

後から勉強しなかったことを後悔しても遅いので、とにかく今から本気で勉強に取り組むべきだと特に受験生の方にはつたえたいです。

ちなみに、勉強に本気になることのメリットがイマイチわからないという人は「学歴 年収」とか「学歴 生涯賃金」とかで検索してみると良いかもしれません。

自己劣等感が強い(諦めが早い)

自分に自信のない自己劣等感の強いタイプの人も勉強に本気で取り組むことができなくなりがちです。

「どうせ勉強しても自分には無理だし」とか「やっても無駄だからやらない」みたいな、、、

確かに勉強しても結果が出ないと思ってしまうと勉強を本気でやろうなんて気持ちは失せてしまいますね。

でも、勉強はやってみないと無理かどうかは分からないし、下記の記事でも書いたように割と多くの人が勉強で挫折するので勉強を毎日続けられるだけでも他の人に勝てたりします。

あわせて読みたい
勉強は日々の積み重ねが決め手【積み重ねをラクにする方法教えます】 このような悩みを抱えている人に向けて、勉強の積み重ねをラクにする方法、について書いていきます。 本記事の内容を参考にすれば...

私も昔は不登校で勉強なんて全然してなかったし偏差値も低い高校に入ってしまったし「今更勉強しても無理だろ」とか悲観的に考えることがありました。

でも、ダメなままで終わるのは嫌だと思ったから1年だけ頑張って勉強してみよう、本気で勉強してもダメなら諦めようという気持ちで受験勉強をしていました。

結果として、センター試験では英語がほぼ満点取れたり早稲田大学などの難関大学にも合格できたりTOEIC800点になったりと、1年間の本気の勉強で思ってもいないほどに成長することができました

「お前ができたからといってみんなが出来るわけじゃない」と悲観的な意見を言われてしまうかもしれませんが、何もやらない状態で諦めてしまうのはすごく勿体無いです。

勉強はやればやるほどコツが掴めてくるものなので、まずは1日だけでもいいので本気で勉強してみると気持ちが入れ替わったりします

自分のことを卑下して何もしないよりも、少しだけでも本気で勉強することで自分を高めようとする方が後悔は少なく済みますよ。

スポンサードリンク



勉強に本気になる方法

それでは勉強に本気になる方法としてどんなことをすればいいのかということを話していきます。

基本的には先ほどの理由に対処するのが一番です。

  • 危機感を持つ
  • 勉強することのメリットを知る
  • 自分に自信を持つ

ですね。

それぞれの具体的な方法について書いていきます。

危機感を持って勉強に本気になる方法

危機感を持って勉強に本気になるには下記のような方法がおすすめです。

  • 友達に勉強の進捗具合を聞いてみる
  • 本番までの勉強を逆算して考える
  • 1日本気で何もしない日を作ってみる
  • 受験ブログなどを読んでみる
  • 合格体験記や失敗談を探してみる、、、など

危機感を持つには自分の現在地や他人との差などを客観視するのが一番です。

なので、友達の勉強の進捗具合を聞いてみたり、受験ブログや合格体験記・失敗談などを探して読んでみることで、自分がどれほど勉強できていないのかということを客観的に認識するのが効果的

あとは試験本番まであと何日か、それまでに勉強できることは最大どれくらいなのか逆算して考えることでも自分の立ち位置を客観的にすることができます

また、自分の危機感を煽るためにあえて全く勉強しない日を作ってみると「やばっ、今日何も勉強してない、、、」みたいに焦る気持ちが湧いてきたりします

このような方法を試してみると危機感のない人でも勉強しないことの「焦り」が出てくるので、勉強を本気でやれるようになります。

勉強することのメリットを調べて本気になる

勉強することのメリットや勉強しないことのデメリットを調べるのもかなり良い方法です。

前述もしましたが、下記のようなキーワードでググってみるとかなり明確になります。

「学歴 年収」
「学歴 生涯賃金」
「大学 年収ランキング」

もちろん学歴やお金が全てではないのですが、勉強して高学歴になれた人の方が沢山のお金を稼ぐことが出来ているというのは統計的事実です。

また本気で勉強して難関大学に行くと結構それだけで「頭いい」みたいなポジションになることが出来ます

私の場合は元不登校で偏差値の低い高校に通っていた頃は「頭が悪い」とよく言われてたのですが、難関大学に合格したという実績だけで頭が悪いとは一切言われなくなり、むしろ「頭が良い」と急に言われ出しました。

それをメリットと感じるかどうかは人それぞれですが、悪口を言われることが少なくなったのはとても嬉しいことでしたね。

あと、それなりに良い大学に行けると学歴で馬鹿にされることも少なくなるので精神的余裕みたいなのも生まれます

何をメリットと感じて何をデメリットと感じるかは個人差がありますが、金銭面や社会的評価の点からすると本気で勉強して成功した人の方が得が多い世の中であるのは間違いありません

自分に自信を持つことで勉強に本気になる方法

自分に自信を持つことで劣等感から勉強に本気になれないなんてことが避けられます

自分に自信を持つには過去の成功体験をなんでも良いから紙に書き出してみると良いです。

多分何かしら成功したことがあります。部活でもいいし勉強でもいいし音楽でもいいしゲームでもいいし、、、

とにかく何かしらで成功したことを考えてみてください。

成功体験を具体的に認識することができると自分が何も出来ない人間ではないと分かると思います。

結構自己評価が低い人は多いのですが、周りの人から見るととんでもなく絵が上手かったり文章が上手かったりすることはよくありますので、自分が成功できた分野で周りの人と比べてみてください

そうするとちょっと「自分、ちょっとだけすごいかも、、、」みたいに思えたりします。

自分のことは案外自分が一番低く見積もりがちなので、客観的に認識することを心がけてみると、自分に自信がついて勉強を諦めてしまうなんてことも防げます。

自信を持つことができれば勉強に本気になる可能性も高まりますので、まずは自分の成功体験を探してみてください。

 

以上、勉強に本気になれない人に向けて、勉強に本気になる方法を書いてきました。本記事の内容は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。
他にも勉強の役に立つ記事を多数用意していますので、ぜひあわせてご覧ください。

スポンサードリンク