勉強論

勉強の限界に挑戦すれば殻を破れる【限界突破で勉強力が格段にアップ】

勉強がめんどくさいんだけど、一生懸命勉強してる人もいるしやらないといけないことは分かってる。でも本気で勉強したら何かいいことあるのかな?限界まで勉強することのメリットを教えてほしい。

このような疑問を抱えている人に向けて、勉強の限界に挑戦すれば飛躍的に勉強が得意になるということを書いていきます。

以前下記のようなツイートをしました。

受験生には一回限界まで勉強してほしい。
自分が限界と思うくらい1日中勉強すると、その後普通に勉強するのがすごく楽になるから、勉強の習慣も付けやすくなる。
それに一回限界を超えると充実感と達成感で、勉強に対する嫌悪が無くなる。
熱中するくらい勉強に取り組むと意外な効果があるものです。

この記事ではこのツイートについて深掘りしていこうと思います。

本記事の内容は下記の通り。

  • 勉強の限界に挑戦することを勧める理由
  • 勉強の限界に挑戦することの効果

それでは次の章から勉強の限界に挑戦することの意義を具体的に説明していきます。

スポンサードリンク



勉強の限界に挑戦すれば、自分の力が飛躍的に成長する

まず最初に結論を言っておくと、勉強の限界に挑戦することの最大のメリットは、限界まで勉強することによって自分自身が飛躍的に成長できることです。

限界まで勉強すると単純に知識が身につくだけじゃなく、精神面や勉強に対する感情など、いろんな側面で好影響があります

一回でも自分の限界まで勉強してみると、かなり世界が変わります。

私の場合は、元不登校&偏差値30代ということからも察せる通り、昔はかなり勉強が嫌いだったし努力しても全然続かないような人間でした。

でも一度限界まで勉強してみようと決意してそれを実行して以降はかなり勉強が楽になりましたし、その後は勉強に対する苦手意識も少し薄れました。

このような私の実体験(だけで恐縮ですが)からも、一度勉強に真剣に取り組んで限界まで挑戦してみると、かなり自分の勉強力を高めることができると確信しています。

「限界ってどれくらい?」という疑問がありそうですが、それは後述で説明します。

一旦、限界まで勉強することで得られるメリットについて詳述していきます。

 

限界まで勉強することで得られるもの

限界まで勉強に挑戦するとどのようなメリットがあるのか、という点ですが具体的には下記のような好影響があります。

  • 勉強の継続が楽になる
  • 自分に自信がつく
  • 勉強に対する嫌悪感や苦手意識が薄まる
  • 自分の限界点が分かる、、、など

一つずつ簡単に説明していきます。

限界挑戦のメリット① 勉強の継続が楽になる

勉強で限界挑戦することのメリットの1点目は、その後の勉強の継続が楽になるということです。

これは一度限界までやりこむことによって、普通の勉強すら生温く感じるようになるからです。

スポーツをやっていた人は分かるかもしれませんが、例えば野球だとわざと重いバットで素振りをすることによって普通のバットを「軽い」と感じさせる練習とかがあったりしますよね。それと同じです。

10キロマラソンを経験した後は1キロ走が短く感じるとか。

それと同じで「もう限界、、、つらい、、、」というところまで自分を追い込むことによって、そのあとの普通の勉強が楽に感じられるようになるのです。

「あれだけつらい思いで勉強したから、このくらいはへっちゃら」みたいに。

なので、一度でも限界まで勉強して自分を追い込んだ人は、普通の勉強がそれほど苦にならないし、少しの勉強時間を習慣づけることもかなり楽になります。

自分の最大限の勉強をすることがその後の勉強の継続にも役に立つのですから、一度挑戦してみると良いですよ。

限界挑戦のメリット② 自分に自信がつく

下記の記事でも書きましたが、自分に自信のない人は勉強を諦める癖がついてしまいます

あわせて読みたい
勉強に本気になる方法【本気になれない人に知ってほしいこと】 このような悩みを抱えている人に向けて、勉強に本気になる方法について書いていきます。 この記事を書いている私は、元不登校で偏...

でも、一度でも限界突破して勉強をやり切れると「自分でもこんなに勉強できるんだ!」というふうに自分に自信をつけることが出来ます

自分に自信をつけるためには成功体験を増やすことが一番なのですが、勉強で自信を抱くためには勉強で成功体験を得ることが最も有効です。

なので、手っ取り早く成功体験を得るために1日だけで良いから限界まで勉強してみることがお勧めです。

多分、「自分の限界まで勉強するなんて無理だろ、、、」など思われるかもしれませんが、たった1日だけです。たった1日やるだけで見違えるように成長できるし、自信を持てるようになります。

それに、「無理だ」と思っていても、実際にやってみると案外いけちゃうものです。

10キロマラソンも「きつそう、、、」とか「走りきれない」と最初は思っていても、案外走ってみると(遅いかもしれないけど)走りきることは出来たりします。

なので、まずは1回だけでも良いので挑戦してみましょう。ダメだったらダメだったときに方向転換すれば良いだけの話です。

やる前から「諦める」のは悪い癖になるし、多分後悔だらけの人生になるので、それなら挑戦して「ダメだった」と言える方がマシですよ。

ちょっとずれてしまいましたが、1日だけでも限界まで勉強することで自分に自信が持てるようになるので、自分に自信のない方は試してみてください。

限界挑戦のメリット③ 勉強に対する嫌悪感や苦手意識が薄まる

上記のこととも少し似ていますが、勉強を限界までやってみると案外いけちゃうしその後の勉強が楽になったりするので、勉強への苦手意識がかなり薄くなります。

また、一度本気で勉強をやりきると達成感や充実感といった感情で満たされるので、勉強に対する嫌悪感が無くなります

スポーツでも最初はすごく辛い練習と思っていても、それを乗り越えると達成感で「楽しかった」と思う時がありますよね。

人間は何かを達成するとそれに対して満足感を覚えるものなので、勉強に対する嫌悪感を無くすには一度限界まで勉強をやりきってみることが効果的なのです。

限界挑戦のメリット④ 自分の限界点が分かる

勉強で限界チャレンジをすると自分の限界点が把握できるというのもメリットの一つです。

自分が本気で勉強できるのはどれくらいの時間なのか、その時間で何を勉強できるのか、というのを把握しておけば自分のペースを決める指標にできます

例えば、1日最大で10時間勉強できると分かっている人は、受験まで100日あるとすれば最大で1000時間を勉強に使うことが出来ます。もちろん、これは自分の最大容量なので、実際はもっと少ないということを念頭に置いて勉強の計画を立てることになります。

このように、自分の使える勉強時間が分かっているとかなり勉強の計画を立てやすくなりますし、優先順位をつけて効率良く勉強していくことが出来ます

(勉強計画の立て方については下記の記事を用意していますので、そちらを読んで効率的な勉強ができるように気をつけましょう)

あわせて読みたい
効率よく勉強するための勉強計画の立て方とは?勉強計画を立てることにはメリットが多いどうもどうも。 今回は『勉強計画を立てることのメリットと計画の立て方』というテーマで書いていきます。 たまに受験生の中にいる...

自分の限界点を知っておくことが自分の勉強ペースを考える指標になるので、一度限界まで勉強して最大値がどこにあるのか把握しておくことをお勧めします。

スポンサードリンク



【目安】勉強の限界に挑戦するなら1日12時間くらいやる

限界といってもどのくらい勉強すれば良いのか?」という疑問については、「自分のできる最大限の勉強時間」というのが答えになります。

ただ、それだと曖昧なので一応目安を示しておくと、1日で12時間勉強するくらいと言っておきます。

寝る時間が8時間と、3度の食事やトイレやお風呂などの時間を合わせると、大体12時間くらいになるのかなぁと思いますので、それ以外の12時間を全て勉強に注いでください。

勉強内容はなんでも良いですが、とにかく勉強ばかりやってください

1点注意してほしいのは、「長時間連続」で勉強するのは避けましょう。下記の記事で書いているように勉強効率が落ちます

あわせて読みたい
長時間勉強するのは効率が悪い?!無駄に量を増やすのは悪影響どうもどうも。 今回は『長時間勉強は効率が悪いのか』というテーマで書いていきたいと思います。 よく受験生の勉強報告で「今日は...

じゃあどうすれば良いのかというと、適度に短時間の休憩をとりましょう。個人的におすすめなのが、下記の記事で紹介しているポモドーロテクニック(25分勉強・5分休憩を繰り返す方法)を使った勉強です。

あわせて読みたい
ポモドーロテクニックを使った勉強法で集中力UP!効率的に勉強できる手法 この記事ではこのような悩みにお答えするために「ポモドーロテクニックを使った勉強法」を紹介したいと思います。 ポモドーロテク...

これなら大体1時間に10分の勉強なので、それほど勉強時間に影響することもないですし、何より全ての勉強時間を集中力を維持した状態での勉強時間にすることが出来ます。

なお、12時間というのはあくまで目安でして、要は起きていて勉強できる時間があればそれを全て勉強に費やしてみてくださいということです。

12時間以上出来そうな人はもっと勉強してもOKです。とにかく、自分の持っている時間を全て勉強に使ってみる日を作ってみましょう

 

自分の限界点まで勉強できると、見違えるように成長できる

というわけで、ぜひ受験生の方には一度(1日)でいいので、自分自身「もう限界、、、無理、、、」と思うくらい勉強してほしいということでした。

本文で書いたように、メリットは盛りだくさんです。

ただ1日勉強したというだけに収まらないくらいの好影響がありますので、一度で十分です、試してみてください。

 

以上、自分の限界まで勉強すると飛躍的に勉強が得意になるという話でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
他にも勉強に役立つ記事を多数用意していますので、ぜひそちらも合わせてご覧ください。

スポンサードリンク