勉強論

一夜漬けの勉強は効率悪いからやめた方がいいです【勉強は小さな積み重ね】

もうすぐテストがあるけど全然勉強できていない。一夜漬けで暗記して覚えればなんとかなるかな。徹夜で勉強すれば他の人にも負けないはず!

本記事はこのような考えを持っている方に向けて、一夜漬けの勉強は効率が悪いからやめた方がいいですよ、というお話をしていきたいと思います。

私自身、例えば学校の試験や大学の試験で一夜漬けで勉強することもあったのですが、すごく効率悪いし色々マイナス面の大きさを感じていました。

という私の実体験を踏まえつつ、一夜漬けの勉強のデメリットについて書いていきたいと思います。

特に受験生や資格試験を受験されるの方にとっては一夜漬けは避けるべきものなので、本記事の内容を参考にしてください。

本記事の内容は以下の通りになります。

  • 一夜漬け勉強のデメリット
  • 一夜漬けの勉強をやるとしたら最後の手段
  • 一夜漬けの勉強は長期的にはマイナス
スポンサードリンク



一夜漬けの勉強を避けるべき理由

まず、一夜漬けの勉強を避けるべきと考えている理由ですが、私の実体験から以下のようなことがあったからです。

  • ストレスが溜まる(体に悪い)
  • 長時間勉強だから効率が落ちていく
  • 覚えたことが定着しない、、、など

一つずつ説明していきます。

ストレスが溜まる(体に悪い)

まず第一に、一夜漬けでの勉強はめちゃくちゃ体に悪いと思います。

特にストレスが異常なほど溜まります。

まぁ全然寝ずに勉強しているのですから、体力的にも精神的にもきついのは当たり前ですよね。

私の場合は、大学の試験期間中にとにかくテストに不安を抱えていたので翌日の試験の勉強を一夜漬けで徹底的に叩き込んでいました。

結果として試験はなんとか乗り越えたのですが、試験後に体調を崩してしまう羽目に、、、

これは大学生活中だったから良かったのですが、例えば受験生だと学校の試験のために一夜漬けで無理をして体調を崩すと、それで1週間ほど勉強できなくなってしまうという受験上のハンデを抱えることになります

受験生の場合は特に精神的にストレスが溜まり続ける状況にあるので、なるべく自分に負荷をかけすぎないのは大切です。

一夜漬けの勉強でストレスを溜めて体に異常が出ような事態を防ぐために、日々ちょっとずつ勉強した方がいいと思います。

 

長時間勉強だから効率が落ちていく

第二の理由としては、一夜漬けでの勉強は長時間になるのでどんどん効率性が落ちていくということです。

下記の記事で詳しく書いているので参照して欲しいですが、長時間連続での勉強は集中力の低下などかなりマイナス面が大きいです。

特に、勉強の効果の点からは一夜漬けには勉強時間に見合うだけのメリットはないと思います。

勉強量を確保することは大切なのですが、無闇矢鱈に量を増やすだけというのは意味が薄い勉強になるので避けるべきです。

「質の高い勉強を増やす」というのがすごく大切になるのですが、一夜漬けでの勉強は基本的に「質の低い勉強を増やす」方法です。

なので、本気で受験等に成功したいと思っている人は一夜漬けの勉強はやめた方がいいですよ。

あわせて読みたい
長時間勉強するのは効率が悪い?!無駄に量を増やすのは悪影響どうもどうも。 今回は『長時間勉強は効率が悪いのか』というテーマで書いていきたいと思います。 よく受験生の勉強報告で「今日は...

一夜漬けで覚えたことは記憶として定着しない

第三の理由は、一夜漬けの勉強で覚えたことは記憶としての定着率が低いということです。

この点についても下記の記事で書いているので詳しくはそちらをご参照ください。

あわせて読みたい
寝る前の暗記が超絶効果的な理由【記憶をするなら睡眠前に暗記するべき】 この記事ではこのような疑問を持っている方に向けて、暗記をするなら寝る前にするのが効果的、という話を私の体験を踏まえてしていきたい...

簡単にいうと、一夜漬けの勉強では睡眠の記憶効果を得ることができない

短期間に一気に知識を詰め込むため長期記憶になりにくい。

というようなマイナス面があるわけです。

つまりは、一夜漬けで何かを覚えたところで、それは一時的に覚えたにすぎない、時間が経つと忘れやすい知識にしかなりませんよ、ということです。

受験生や資格試験を受験される方で暗記が苦手な人はぜひ下記の記事を読んでください。

スポンサードリンク



一夜漬けの勉強は短期的には一応意味があります

一夜漬けの勉強がマイナス面は大きいといってもちょっとした効果はあります。

それは一夜漬けでも短期的には勉強の効果があるということです。

これは単純に試験の前日や前々日にがっつり勉強したことは、一応試験までは記憶できるということです。

例えば、試験前日の夜に英単語の暗記をすれば、その試験の時はきっとある程度覚えているはずです。

これはつまり、一夜漬け勉強でも短期記憶としての効果はあるということを意味しています。

一度見たことでも短期的には記憶できるもので、それを長期的に記憶するのが難しいのですが、一夜漬けの勉強はこの「短期記憶」には役立つということです。

なので、試験前日に勉強すれば一応その試験では役に立つのですが、例えば受験が1ヶ月先にあるという場合には一夜漬けで勉強しても1ヶ月後には忘れていることが多いのであまり意味がありません。

 

一夜漬けの勉強は長期的に見ると勉強時間に見合うだけの効果がない

というように一夜漬けの勉強の効果はあくまで短期的なもので、長期的に見るとあまり効果がありません。

一夜漬けで8時間勉強するなら、1週間毎日1時間勉強した方がトータルの勉強時間は少なくても長期的に見ると効果的です。

受験は長期的なものです。

数ヶ月〜数年単位で勉強しないといけない受験生にとっては、一夜漬けの勉強を行う機会は少ないと思いますし、その必要もないです。

毎日ちょっとの勉強の積み重ねの方がよっぽど大切なので、目先の試験にとらわれず長期的に考えた方が成功確率は高くなります

 

一夜漬けの勉強は最後の手段です

というわけで、一夜漬け否定派の私ですが、そうはいっても学校の成績を取らないと大学の推薦がもらえませんとか親に怒られるとかの事情がある人はいると思います。

どうしても学校の試験に勉強が間に合わなかった時は、一夜漬けで勉強するのもありだと思います。

次の日が試験ということなら一夜漬けの効果も結構ありますからね。

でも一夜漬けで勉強する場合でも以下のようなことには注意しましょう。

  • 体を壊さない程度にする(無理しすぎない)
  • 疲れたら少し休む
  • ストレスを溜めないようにする(お菓子を食べるなど)

最終目標がもっと先の受験にあるのなら、学校のテストや模試のために無理に一夜漬けで勉強する必要もないと思いますので、しっかり睡眠時間を取るようにしましょう。

 

【結論】結局は毎日コツコツ勉強した方が受験等で成功しやすいです

結論として、一夜漬けの勉強に頼らなくても済むように、毎日コツコツ勉強するのが一番だと思います。

最終的にはちょっとずつ勉強を積み重ねた方が、大学受験や資格試験では成功確率が高いので、日々勉強を継続するのが大切です。

毎日コツコツ勉強するための方法や効果については下記の記事で書いていますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
勉強をコツコツやることは効果的なのか?【真面目にコツコツ勉強する方法】 この記事ではこのような思いを抱いている方に向けて、勉強をコツコツすることの効果やそのコツについて書いていきます。 学生の場...
スポンサードリンク