勉強論

勉強をコツコツやることは効果的なのか?【真面目にコツコツ勉強する方法】

毎日コツコツ勉強するのってそんなに大切なのかな?真面目に勉強していくことにどれくらい意味があるのか知りたい!でも毎日勉強するのは大変だから、ついでのコツコツ勉強するための方法も知りたい!

この記事ではこのような思いを抱いている方に向けて、勉強をコツコツすることの効果やそのコツについて書いていきます。

学生の場合は基本的に平日は学校があるでしょうし、それ以外にも塾や予備校で勉強しているということが多いと思います。

でも例えば浪人生のように強制的に勉強する機会がない人や学校での勉強以外には勉強のやる気が起きないという方も多いと思います。

そもそも、下記の記事でも触れましたが、学校で勉強するといっても案外効果の薄い授業という場合も多かったりしますが、、、(私は元不登校ということもあり、残念ながら受験など自分の人生で学校の勉強が役に立った経験はほとんどありませんでした、、、)

あわせて読みたい
無駄な授業と感じたら内職するのが良いと思う【受験生のための授業中の内職術】 この記事はこのような思いを抱いている方に向けて、授業中の内職について書いていきます。 私は、早慶レベルの大学に進学したわけ...

というわけで、受験生には自分の力で勉強しないといけない場合が多いでしょう。

でも、毎日コツコツ勉強することって難しいですし、そもそも「毎日ちょっとずつ勉強するよりもまとまった時間で一気に勉強した方がいいのでは?」なんてことを思う人もいるかもしれません。

そこで、この記事では毎日コツコツ勉強することの意義や、毎日勉強するのが苦手な人に向けてコツコツ勉強するためのコツを紹介したいと思います。

本記事の内容は以下のようなものとなっています。

  • 毎日コツコツ勉強することのメリット
  • 真面目にコツコツ勉強するための秘訣

毎日勉強するのが苦手という人はちょっと読んでみると「真面目にコツコツ」ができるようになるかもしれませんので、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

スポンサードリンク



真面目にコツコツ勉強することは結構大切です

まずなのですが、受験期を経験して私個人が感じたところからいうと、真面目にコツコツ勉強することは受験を成功させるために結構大事かな、、、と思います。

というのも、真面目にコツコツ勉強していることには以下のようなメリットがあるからです。

コツコツ勉強することのメリット

  • 知識を長期記憶するのに最適
  • 長時間勉強するよりも体力的に楽
  • 毎日コツコツ勉強すると心にゆとりができる
  • トータルの勉強時間が増える

実際、私は特定の曜日にがっつり勉強してその他はやらないという勉強スタイルと真面目にコツコツ勉強するという勉強スタイルを実践したことがあるのですが、成績の伸びが良かったのは圧倒的に後者でした。

受験期の最初のうちは前者の勉強スタイルでしたが、「思ったように成績が伸びないなぁ」と思ったのですぐに後者の勉強スタイルに移行して試してみました。

すると成績も伸びるようになったし意外に毎日コツコツやる方が楽かもと思い始めました。

もちろんこれが本当に毎日コツコツ勉強したからそうなったのかは完全には分かりませんが、少なくとも私の受験スタイルとしてはこのような地道な方法の方が適していました。

ということで、毎日コツコツ勉強することのメリットについて一つずつ説明します。

 

知識を長期記憶するのに最適

脳科学の書籍などを読めばよく書かれていたりするのですが、記憶には「短期記憶」と「長期記憶」があると言われます。

短期記憶とは、一時的に覚えているだけで時間が経つと忘れてしまう
長期記憶とは、長期的に覚えていて時間が経っても忘れない

ざっくりと説明するとこんな感じなのですが、実は真面目にコツコツ勉強するというのは勉強内容を「長期記憶」するためにすごく効果的な方法なのです。

例えば、学校のテストで一夜漬けで高得点を取れたりします。

でもそれはただその時だけ覚えているという一時的な暗記、つまり短期記憶になってしまいます。

徹夜で暗記しても大抵の場合は一週間ほど経つとすっかり忘れてしまいます。

一回で完璧に暗記できるなんてことは余程の天才でないとまずありえないので当然といえば当然のこと。

そして、この短期記憶を長期間忘れない状態、つまり、長期記憶にするための方法としては、何度も何度も復習するというのが必要になるわけです。

毎日コツコツと勉強しているとそれだけ復習の機会も増えます。

真面目にコツコツ勉強することは長期記憶につながるのです。

 

長時間勉強するよりも体力的に楽

特定の曜日(例えば休日)にがっつり勉強してそれ以外の日は勉強しないとか試験前だけがっつり勉強するというタイプの方もいるかと思います。

でも個人的にはそのようにがっつり勉強スタイルよりも毎日コツコツ勉強スタイルの方が疲れないと感じました。

これは単純に人によって異なることなのかもしれませんが、基本的に私の場合は長時間勉強するとめちゃくちゃ眠たくなるしだんだん体が痛くなってる気がするしという感じで、勉強後にはクタクタで何もしたくないみたいになります。

そうすると当然勉強に対する嫌悪感みたいなのが強くなってきて次の日は勉強しないとなりますし、最悪勉強をやめてしまいたいと思い至るまでになることも、、、

こんな感じでがっつり勉強するとそれだけ体力的負担が一気に高まるので、勉強に対する意欲が低下するかもしれないんですよね。

確かに特定の日にがっつり勉強していると勉強した気にはなるのですが、実は最後の方は頭が疲れてそれほど勉強できていないという効率の悪い勉強になってしまいますし。

それなら、毎日短時間でもコツコツ勉強した方が案外疲れないですし、勉強したという充実感みたいなのもそれなりにあります。

あと、毎日勉強すると「今日は勉強しなかった、、、」という勉強をしないことへの罪悪感も少ないです。

こんな感じで、基本的に長時間勉強することは疲れが大きいとかモチベーション低下するとか、弊害が強かったりしますのであまりお勧めはできませんね。

それよりも毎日ちょっとでもいいからコツコツ勉強していく方がうまく勉強と付き合っていけると思います。

 

毎日コツコツ勉強すると心にゆとりができる

毎日コツコツ勉強することのメリットとして、先ほどの話とも被りますが、心にゆとりが生まれるというのがあります。

簡単にいうと、毎日勉強しているから「勉強しなかったこと」に対する焦りとか罪悪感みたいなのが少ないということです。

受験期に勉強しない日を作ってしまうと「受験生なのに勉強していない。他の人は勉強しているんだよなぁ」みたいなマイナス思考が押し寄せてきます。

これは精神衛生上あまり良くないと思うので、それを避けるためには毎日コツコツ勉強するのが1番の対策です

後述しますが、特に朝起きてすぐに勉強すると「朝から勉強した自分偉い!!」みたいに自信にも繋がるし、朝勉強したからその後は勉強しなくても最悪大丈夫という心のゆとりが生まれるわけです。

受験生は結構精神状態が不安定で気分が落ちがちなので、それを避けるためにも毎日の軽くでも勉強はしておいた方が良いと思います。

スポンサードリンク



トータルの勉強時間が増える

受験は勉強量の勝負といっても過言ではないくらい勉強時間を確保することが大切になるのですが、おそらく特定の日にがっつり勉強するよりも毎日コツコツ勉強した方がトータルの勉強時間は多くなります。

例えば、土日だけ10時間がっつり勉強するという人は週の勉強時間が20時間になりますが、毎日コツコツの場合は1日3時間の勉強をすれば21時間の勉強時間になります。

朝起きて1時間、家に帰って1時間、寝る前に1時間勉強すれば土日がっつり勉強する人の勉強時間に勝てます。

こう考えると結構簡単に思えませんか?

1回につき1時間の勉強の勉強でいいのですから、これくらいなら勉強が苦手な人でも頑張れるのではないかと思います。

休みを挟んでいるので1回1回の勉強効率も高いです。

なので、長時間勉強して後半クタクタで全然頭に入ってない状態になる人と比べて、毎回集中した勉強時間を確保できるコツコツ型の勉強の方がトータルの勉強時間だけでなく勉強の質も高くなります。

多分、いざ勉強すると調子が良くて1時間以上勉強できる時もあるので、トータルの勉強時間はもっと増えると思います。

このように、毎日コツコツ勉強している場合は、1回の勉強時間のハードルを下げることができますし総合的に見ると勉強量も増えることになるというメリットがあります。

 

コツコツ勉強しないと長時間勉強に流れやすい

さて、ちょっと触れたことでもありますが、基本的に長時間連続で勉強するのは効率が悪くなりますしあまりいいことがありません。

なので、短時間の勉強を増やす方が効果的だったりするのですが、毎日コツコツ勉強しないという方はどうしても長時間勉強に流れやすいです。

詳しくは下記の記事を読んでほしいのですが、長時間連続勉強することは効率下がるとか勉強嫌いになるとか、受験生にとって悪影響が強いのであまりオススメできません。

受験生はできるだけ毎日ちょっとずつ勉強した方が良いと思います。

あわせて読みたい
長時間勉強するのは効率が悪い?!無駄に量を増やすのは悪影響どうもどうも。 今回は『長時間勉強は効率が悪いのか』というテーマで書いていきたいと思います。 よく受験生の勉強報告で「今日は...
スポンサードリンク



コツコツ勉強する方法は短時間でも勉強を始めること

コツコツ勉強することは大切なことなのですが、勉強を継続できなくてお困りの方はすごく多いと思います。

実際、私も受験生の頃はなかなか勉強を続けることができませんでした。

でも、私は残念ながら自分が天才ではないことを知っていたので、受験で成功するためには勉強しなきゃいけないのは当然のことでした。

そしてなんとか受験勉強を乗り越えられた私が毎日コツコツ勉強するために行ったことはたった一つです。

それは、毎日朝起きてすぐに短時間でもいいから勉強を始めてみる、ということです。

やらなきゃいけない、やらなきゃいけない、と強く思えば思うほど勉強が億劫になってしまったので勉強に対するハードルを徹底的に下げました。

そして、とにかく朝起きてすぐに5分でも1分でも10秒でもいいから勉強を始めることにしました。

とりあえず勉強を始めてみると意外に短時間で終わることなく「キリのいいとこまでやろう」みたいに思うことが多かったので、案外勉強は始めるまでが一番大変なんだと思います。

ということで、結論として、勉強を真面目にコツコツ継続したいなら「どんなに短時間でもいいから、まずは勉強を始める」というのが一番良いです。

個人的には朝起きてすぐに勉強をするとかなり精神的にも余裕ができるし、「朝から勉強してる自分偉い!!」みたいに自信も湧いて前向きになれたりするので朝活がおすすめです。

あわせて読みたい
朝起きてすぐの勉強が捗る理由〜受験生には朝活がオススメ〜どうもどうも。 今回は『朝は勉強が捗る』というテーマで書いていきたいと思います。 受験生や学生が勉強する時間といえば夜が定番...

真面目にコツコツが苦手な方は是非「短時間でもいいから勉強を始める」というのを心がけてみてください。

ちなみに、勉強を始めて短時間で本当にやめたくなったら素直にやめて、休憩したり眠ったりご飯食べたり運動したりして気分を変えるといいですよ。

その後また「少しでもいいから勉強を始める」というのに挑戦してみましょう!

というわけで、勉強のハードルは下げた方が続けやすくなるということでした。

毎日コツコツ勉強する秘訣

勉強に対するハードルを下げて、短時間でも良いから勉強を「始める」

スポンサードリンク



毎日コツコツ勉強するのは慣れると超楽チンです

最後にですが、毎日コツコツ勉強することに対して苦手意識を持っている人に向けてですが、毎日勉強することはそれほど難しいことではありません。

多分毎日コツコツ勉強しないといけないと感じている人は、根がすごく「真面目」なのだと思います。

もちろん真面目というのはとても良いことですし、受験に成功する人は真面目な人が多いです。(私の早慶の知り合いは基本的に根が真面目な人がすごく多いです)

でも真面目すぎると「毎日コツコツ勉強する」ことに加えて「しかもたくさん勉強しないといけない」ということまで思い込んでしまうことが多いのです。

でもこれは深く考えすぎだと思います、

前述の通り、真面目にコツコツ勉強するには「勉強のハードルを下げること」つまり「短時間でも良いから勉強すること」が大切になるのです。

長時間勉強しなきゃいけないなんてことは決してありません。

もしも1回の勉強量をたくさん増やさないといけないと思っている人がいるなら、それはかなり辛い考え方になるので諦めた方がいいかもしれません。

そうではなく、もっと気楽に「ちょっと勉強したらやめよ」とか「5分だけ英語に付き合ってやるか」みたいなラフな気持ちで勉強に取り掛かってみてもいいと思いますよ。

「勉強しない」ことが一番良くないので、5分でも勉強できればそれは本当に誇らしいことだと思います。

勉強したくないから勉強しないという人は多いので、短時間でも勉強できるならそれは素晴らしいことです。

あまり思い悩まず「気楽に」勉強を始めてみましょう。

毎日コツコツ勉強するのは辛いと思われるかもしれませんが、慣れれば意外と継続できるものなので、勉強のハードルを上げてちょっとずつ挑戦してみてください。

 

【結論】ハードルを下げて毎日コツコツ勉強しましょう

というわけで最後はちょっぴり精神論的な話にもなりましたが、要は短時間でもいいから勉強を始めることがコツコツ勉強するためのコツということです。

ちょっとずつでも前に進んでいれば十分なので、あまり気負わずに勉強に取り組むといいと思います。

本当に疲れたら休憩や仮眠を取るのもアリなので、そこらへんは臨機応変に対応しましょう。

あわせて読みたい
勉強で疲れた時は仮眠を取るだけで回復できます【仮眠の取り方を解説】 この記事ではこのような悩みに答えていきます。 私は受験生時代はかなり仮眠を取っていたのですが、上記のような悩みを抱えていた...
あわせて読みたい
【勉強の休憩が長引く原因】時間を無駄にしない休憩方法のポイント どうもどうも 今回は『休憩が長引く原因と休憩方法のポイント』というテーマで書いていきたいと思います。 勉強をしている...
スポンサードリンク