勉強方法

一夜漬け勉強のコツは徹底的に無駄を排除すること【試験前の最後の追い上げ】

もう試験が目前に迫っているのに全然勉強できていない。一夜漬けでなんとか乗り切りたい。どうすれば一夜漬けの勉強を効果的にできるのか教えて欲しい

このような悩みを抱えている人に対して、一夜漬け勉強のコツ、というテーマで書いていきます。

実は、下記の記事に書いているように、私自身としては一夜漬けの勉強はあまりおすすめしてなくて、夜はしっかり寝た方が良い派なのですが、、、

あわせて読みたい
一夜漬けの勉強は効率悪いからやめた方がいいです【勉強は小さな積み重ね】 本記事はこのような考えを持っている方に向けて、一夜漬けの勉強は効率が悪いからやめた方がいいですよ、というお話をしていきたいと思い...

とはいっても、どうしても定期試験で成績を残さないといけないという人もいるかと思います。

なので、そのような切羽詰まっている方に向けて、一夜漬けの勉強でも試験で高得点を狙うためのコツを書いていきたいと思います。

ちなみにこの記事を書いている私は、他のことが忙しくて勉強をちゃんとできてない時によく大学の試験を一夜漬けで乗り越えていましたが、なんとか他の人よりも良い成績を取ることができていました。

なので、その経験を踏まえて一夜漬けの勉強で大切なことをまとめます。

この記事の内容は以下の通りになります。

  • 一夜漬け勉強のコツ
  • 一夜漬け勉強をやる際の注意点

一夜漬けで試験を乗り越えないといけないという方はぜひ本記事の内容を参考にしてください。

スポンサードリンク



一夜漬け勉強のコツ【試験で高得点を狙うため】

早速一夜漬け勉強のコツについてお話ししますが、結論から言うと一番大切なのは徹底的に無駄を排除することだと思います。

一夜漬けでの勉強となると、圧倒的に時間が足りない(少ない)ので、とにかく無駄なものを無くして効率性を高める必要があります。

 

一夜漬けの勉強では復習をしない方が良い

一夜漬けの勉強で一番削らなければならないのは復習です。

つまり、もうすでに頭に入っていることを復習するのはやめた方が良いということです。

なぜなら、時間がない時は今ある知識を確実にするよりも、今ない知識を一つでも多く頭に入れた方が効率が良いからです。

例えば、英単語20個のテストのために一夜漬けするとして、すでに覚えている10個の英単語を復習で完璧にしても、取れる点数は最大で10/20=50点です。

でも、覚えていない英単語10個を頭に入れると20/20=100点が最高点になります。

もちろん、新しいものを覚えている最中にすでに覚えていた10個を忘れてしまうのでは?という疑問もあるかと思いますが、それはそうなのですがいくら完璧に復習しても忘れる時は忘れるので大差ありません。

むしろ、前者の場合だと、「確実に解けない問題が10個ある」という状態にあるのでハンデを背負っているようなものです。

それよりも、新しいことを勉強した方がトータルとしての成績は上がりやすいです。

 

試験に出るところだけピンポイントで勉強する

一夜漬けの勉強ではとにかく勉強する箇所を絞っていくことが大切です。

なので、テストで頻出・重要と思われるポイントだけを勉強するというのもコツの一つです。

例えば、授業ノートがあるならそれを使ってテストに出そうなことを中心に勉強します。

授業ノートなんか取ってない、という人は教科書の太文字や赤文字の部分を中心に勉強です。

このように、重要性の高さにしたがって勉強すると、一夜漬け勉強でも案外それなりの点数は取れたりするものです。

ちなみに、試験で重要なことを徹底的に勉強して他はそれなりに勉強するのが一夜漬け勉強でのコツというわけですが、これは大学受験や資格試験にも当てはまるので普段の勉強でも意識すると良いです。

なお、大学受験や資格試験なら重要度は過去問から読み取れるので、普段の勉強の際は過去問分析をおすすめします。

 

集中力が落ちてきたら復習しつつ休む

多分一夜漬けで勉強していると集中力がガツンと落ちる時間帯があると思います

長時間勉強することになるので、集中力が落ちるのは当然のことです。

あわせて読みたい
長時間勉強するのは効率が悪い?!無駄に量を増やすのは悪影響どうもどうも。 今回は『長時間勉強は効率が悪いのか』というテーマで書いていきたいと思います。 よく受験生の勉強報告で「今日は...

そんな時におすすめなのが、復習をしながらちょっと休むことです。

つまり、先ほどの例えを使うと、すでに覚えている英単語10個を眺めながら休憩するということです。

こうすることによって、頭を休めることができると同時に復習で知識の定着も図れます

「復習しながらだと頭が休まらないのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、基本的に復習はすでに覚えていることをもう一度確認するだけなので頭を使わないで済みます。

なので、案外、復習と休憩は両立可能です。

ちなみに、私は受験生の頃、休憩として好きな科目の勉強(復習)をしていましたが、このように自分のやりたいことやそれほど頭を使わないことであれば結構休憩の効果もあるので、一夜漬けの勉強に限らずおすすめです。

あわせて読みたい
【勉強の休憩が長引く原因】時間を無駄にしない休憩方法のポイント どうもどうも 今回は『休憩が長引く原因と休憩方法のポイント』というテーマで書いていきたいと思います。 勉強をしている...

 

一夜漬けの勉強でも短期記憶はできます

下記の記事でも書いているのですが、勉強したことを長期記憶するためには睡眠が必須です。

なので一夜漬けは基本的に勉強としてはNGなのですが、一夜漬けでも短期記憶はできるので、翌日の試験のためとかなら勉強の効果があります。

なので私の場合はどうしても良い点数を取りたい試験の前日だけ一夜漬けの勉強をしていました。

一夜漬けの勉強は正直かなり辛いので、あまり多用しないというのもコツと言えるかもしれません。

あわせて読みたい
寝る前の暗記が超絶効果的な理由【記憶をするなら睡眠前に暗記するべき】 この記事ではこのような疑問を持っている方に向けて、暗記をするなら寝る前にするのが効果的、という話を私の体験を踏まえてしていきたい...

 

一夜漬けで勉強する際の注意点

最後に一夜漬けで勉強する際の注意点をまとめておきます。

どうしても一夜漬けで勉強する必要のある人は、体を壊さないように注意することも大切です。

 

適度に休みを入れる

一夜漬けの勉強の最中には適度な休憩時間を設けましょう。

体力的にかなりハードになるので、正直休憩を挟まないとやってられません。

とはいっても、試験まで時間がないから一夜漬けの勉強をしているわけなので、簡単に休むというのも無理かもしれません。

なので、前述でおすすめした、覚えていることの復習とか好きな科目の勉強をしながら休憩するというのがちょっとしたコツになります。

体力的にきつくなった時は試してみてください。

 

無理は避ける

一夜漬け勉強で無理は厳禁です。

というか一夜漬けで勉強している時点で無理しているものなのですが、、、

とにかく、体を壊さないというのはとても大切なので、もしも何かしら「無理がある」と思うような異変が起きたらすぐにやめた方が良いです。

あと机の前で座って勉強していると体が痛くなるので、寝転びながらとかたまに立って勉強するとか、自分にとって楽な姿勢にすることも一夜漬けでのコツになります。

 

ストレスを溜めないようにする

一夜漬け勉強は正直すごくストレスが溜まると思います。

なのでストレスを過剰に溜め込まないようにするためのちょっとしたコツとして、甘いものを食べるというのがおすすめです。

チョコ、グミ、ドライフルーツなどなんでもいいので糖分を摂取することでかなりストレスが軽減されるのでおすすめです。

あとは、軽くストレッチや運動をするなど体を動かすこともストレス軽減のコツの一つです。

一夜漬けでは勉強で自分に負荷を掛けなければならないので、その他のところでは自分のストレスを作らなないようにすることが大切です。

スポンサードリンク