勉強方法

人に教える勉強法が効果的な理由とは?他人に説明することで理解度を高める

どうもどうも。

今回は『人に教える勉強が効果的』というテーマで書いていきたいと思います。

勉強したことはあるはずなのになぜか覚えていない、という経験はよくあることですよね。

一度学習してもなかなかすぐには覚えられないものです。

ただ、覚えやすくなる方法はあるのでそれを実践するともっと効率的に勉強することができます。

おそらく一度は聞いたことがあるのではないかと思いますが、勉強したことを人に教えるというのはすごく良い方法なのです。

なので、今回は「人に教える勉強法が効果的な理由」について示していきます。

もしも、勉強したことをすぐに忘れてしまって困っているという人がいれば、本記事を参考にして勉強したことを人に説明してみてください。

スポンサードリンク



 

人に説明すると自分の理解が深まる

 

人に説明をしようと思うと自分の言葉で説明することになります。

自分の頭では理解できているのに声に出して説明しようとすると上手く出来ないものです。

また、説明している過程で自分が理解できていなかったことや覚えきれていないことが出てきます。

そうするとその部分について自分の頭で考える作業が必要になるのですごく理解力が付くのです。

質問を受けたりすると自分の力で解決する必要があるのでさらに理解も深まります。

普通に覚えているだけではどうしてもツギハギだらけの知識になってしまいがちですので、人に教えることで自分の頭の中で知識を体系化してみましょう。

 

自分の理解度をチェックできる

 

人に教えると自分がどれほど理解できていないのかを知ることができます。

勉強して理解した気になっていても、実は中途半端にしか理解ができていなかっとということはよくあります。

人に教えるためにはまずは自分が理解できていないといけません。

そうでないと説明しようとしても何を言っているのか自分でも分からないということになります。

なので、人に教えることによって自分がどれくらい理解できているのか、あるいは、どれくらい理解できていないのかということをチェックできるのです。

その上で、理解できていなかったという部分が出てきたらもう一度それを復習すれば良いので、自分の勉強の効率化にも繋がります。

自分の理解度が分からなければ知識があやふやなまま放置してしまう危険性があるので、それを避けるという意味でも人に教えるのはとてもお勧めできます。

 

人に教えると相手の勉強になると同時に自分の復習にもなる

 

人に教えるというのはもちろん説明を聞いている相手側の勉強になります。

しかし、それと同時に自分にとっても良い復習の機会になるのです。

自分で勉強したことをもう一度頭の中で整理してそれを説明する。

これがすごく効果的な復習方法なのです。

大事なことは、インプットした知識を頭の中で整理すること、そしてそれをアウトプットすることなのです。

人に教えるときは自分にも言い聞かせているのだという気持ちでやってみてください。

 

人に教えるのは最良のアウトプット

 

インプットが一通り終わってアウトプットの勉強に移行する際、多くの場合は問題を解いたりすると思います。

でも、人に教えるというアウトプットもかなり効果的です。

ここまで見てきたように、人に教えることにはとてもたくさんのメリットがあります。

場合によってはただ問題集を解いているよりも効果的になることもあります。

人に教えると自分の感情とも結びついたりするので、普通に問題集を読むよりも強く頭に残りやすいのです。

勉強仲間がいる方は勉強の休憩として、それぞれ勉強したことを説明し合うということを行ってみると良いでしょう。

楽しいので勉強感がないですし、しっかりと記憶することができますよ。

スポンサードリンク



 

教える人がいなければ想像でも良い

 

人に教える勉強法の一番のネックは教えるための人がいるという点です。

でも、実はこれはそれほどマイナスではないです。

なぜなら、人がいなければ自分一人でやっても良いからです。

勉強したことを誰かに教えるように部屋で独り言としてブツブツと言うだけでも、人に教えるのと同じくらいの効果が期待できます。

ただリアクションがないので実際に人に教えるのよりは記憶に残りにくいのですが。

それでも、十分復習としては有益なので、もしも一人で勉強したいタイプなら休憩がてらやってみても良いと思います。

結構恥ずかしいのでなるべく人のいない時間と場所でやることをお勧めしておきます。