勉強関連の本

大学受験に役立つ勉強法についてのおすすめ本を紹介【成功事例から学ぶべき】

大学受験の勉強しないといけないけど、どう勉強すれば良いのか全然分からない。効率の良い勉強方法を紹介している本でもあれば参考になるんだけど、、、

このような思いを抱いている人に向けて、大学受験に役立つ勉強法についてのおすすめ本を紹介していきたいと思います。

いざ受験勉強を始めようと思っても、全く勉強方法を知らない状態で大学受験の勉強を始めるのは効率悪いです。

大学受験の勉強を始める前に勉強法について書かれている本を読むことで、スムーズに受験勉強を始められるので、まずは勉強方法を知るところから始めるのがおすすめです。

というわけで、大学受験に役立つ勉強法についてのおすすめ本を紹介していきますので、受験勉強をしないといけない人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク



大学受験に成功したいなら、成功事例を学ぶのが一番

受験生なら誰しもが、大学受験に成功したい、と強く思うものでしょう。

ただ、現実には大学受験に成功する人もいれば、残念ながら失敗してしまう人もいると思います。

受験生の皆んなが本気で合格を目指しているのですから、大学受験が厳しい道のりになることは容易に想像できますね。

そんな過酷な状況の大学受験において、成功と失敗を大きく分けるものといえば、やはり勉強方法の違いがあると思います。

では、

どうすれば上手く勉強することができるのか

どうすれば、効率よく成績を伸ばして大学受験に成功できるのか

という点ですが、基本的には成功事例から学ぶのが一番手っ取り早く良い勉強方法を見つけることができるのでおすすめです。

例えば、東大や早稲田・慶應に合格できた人が勉強方法を発信しているのと、大学受験を経験したことのない人が勉強方法を発信しているのでは、多分前者の情報を信頼する人の方が多いと思います。

これは当然でして、大学受験で成功しているということは、その人の勉強方法は間違いではなかったということの証明になるのですから、その人の情報は信頼に足るわけです。

もちろん、その人の勉強方法が受験生一般に当てはまるものかどうかは分かりませんが、少なくともその人はその方法で成功しているのですから、成功事例があるだけ他の情報よりも信頼できるというのは間違いありません。

 

大学受験の勉強方法を知るには、勉強関連の本を読むのが一番おすすめ

というわけで、大学受験の勉強方法に困っている人は、成功事例から学ぶのが一番手っ取り早く勉強の質を高める方法なのでおすすめです。

そして、特におすすめの方法は、勉強法について書かれている本を読むことです。

勉強法について書かれている本は数え切れないくらいありますが、そのような本は基本的に著者が有名大学の人だったり、脳科学など専門分野に精通している人だったりします。

なので、かなり信頼性の高い情報ですし、色々種類も多いのでその中の情報から自分に合った勉強法を探す手がかりにしやすいです。

私も受験生の頃は右も左も分からない状態で勉強をしたくはなかったので、とりあえず数冊だけですがおすすめの勉強法について書かれた本を読んで、その中のいくつかを実践していました。

もちろん「全然ダメだな、、、」と思うものもありましたが、それはそれで自分なりにアレンジしたり他の勉強に役立てたりすることができましたし、自分だけで勉強していたら思いつかなかったような勉強法もありましたので、結構役に立ったというところです。

というわけで、受験生の方には、ぜひ大学受験で成功を収めるために、まずは成功者の本から勉強方法を学ぶことをおすすめします

スポンサードリンク



大学受験に役立つおすすめな勉強法の本

では、ここからは受験生に役立つおすすめな勉強法の本を紹介していきます。

気になる本がありましたら、ぜひアマゾンのレビューなども読んでみてください。

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

まずは『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法』ですね。

著者の河野玄斗さんはテレビや雑誌など多数のメディアでも取り上げられたので、ご存知の方も多いかもしれません。

東大の医学部という理系の頂点にいながら、在学中に文系最難関の司法試験に合格するという凄い人

理系の人にも文系の人にも参考になるおすすめ本です。

 

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法

次の『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法』も東大で司法試験に合格した山口真由さんという凄い人が書いた勉強法の本です。

しかも、ただの東大生ではなく東大主席だったのですから、もはや勉強のスペシャリスト。

おすすめの勉強法を知りたいなら、とりあえず読んでみると良いかと。

かなりシンプルかつモチベーションの上がる内容なので、勉強に疲れた時にもおすすめ。

 

勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法

勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法』も東大生の勉強法について書かれたおすすめの本。

著者の伊沢拓司さんは東大王でお馴染みの超絶頭の良いクイズのスペシャリストですね。

知識を蓄えることに関しては一級品なので、その勉強法についてもかなり参考になるかと思います。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,620
(2019/10/20 23:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法

次の『世界記憶力グランドマスターが教える 脳にまかせる勉強法』は2019年記憶力日本選手権大会優勝、しかもこれが6度目の制覇という池田義博さんが書いた勉強法の本。

記憶力日本大会優勝、という記憶力のプロがおすすめする勉強法なのですから、その内容の信頼性は抜群ですね。

特に暗記科目が苦手という受験生におすすめしたい一冊です。

 

図解でわかる 暗記のすごいコツ 誰でも確実に結果が出せる35のテクニック

次は、『図解でわかる 暗記のすごいコツ 誰でも確実に結果が出せる35のテクニック』という、暗記系の勉強法が中心に書かれている本。

著者の碓井孝介さんは、偏差値35から司法書士や公認会計士といった、トップクラスの難易度の資格に合格しています。

要領よく勉強するコツが簡潔にまとめられて紹介されていますので、受験生の方にもかなりおすすめできる勉強法の本です。

 

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法

ずるい暗記術―――偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』は偏差値30代から日本最難関の試験たる司法試験に合格した佐藤大和さんが書いた勉強法の本です。

効率の良い暗記方法が紹介されていますので、特に文系の方にはおすすめできます。

 

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法』はテレビなどメディアで大人気のメンタリストDaiGoさんが書いた勉強法の本です。

DaiGoさん自身、慶應義塾大学出身という高学歴ですし、本の内容も科学的に効果のある勉強方法を紹介しているので、かなり信憑性の高い一冊

created by Rinker
学研プラス
¥1,512
(2019/10/21 02:23:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

ドラゴン桜

最後は大学受験マンガの『ドラゴン桜』です。

落ちこぼれが東京大学の合格を目指すというストーリーですが、その内容は受験生にかなり役に立つものとなっています。

いろんな勉強方法が出てきますし、大学受験に対するモチベーションを高めてくれるような名言が出てきたりもします。

勉強のやる気がなくなった時には特におすすめできるマンガです。

created by Rinker
講談社
¥627
(2019/10/20 23:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥12,085
(2019/10/20 23:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

受験生は勉強本に関する本からおすすめの勉強法をインプットするのが良い

というわけで、大学受験を効率よく乗り切るために、まずは成功事例からおすすめの勉強法を見つけるのがおすすめです。

特に、勉強関連の本は受験生にも役立つ勉強テクニックをたくさん紹介していたりしますし、勉強のモチベーションがアップするという作用もあります。

勉強法の本は色々とありますので、受験勉強の休憩にでも軽く読んでみると良いかもしれません。

ちなみに、本はお金がかかるから嫌だという人は、下記に挙げるようにこのブログで紹介している勉強法関連の記事を読んでみたり、他のブログを漁ってみるのもおすすめです。

というわけで、成功事例から上手く勉強法を吸収して、自分の大学受験勉強に活かしてみましょう。

 

以上で大学受験に役立つ勉強法についてのおすすめ本の紹介を終わります。最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク