休憩方法

勉強疲れにぴったり!おすすめな気分転換の方法15選【やる気を取り戻す】

勉強に疲れた時でもずっと勉強し続けたりしちゃうけど、気分転換としてちょっと休んだ方がいいのかな。おすすめの気分転換の方法があるなら知りたい。

このような疑問を抱えている人に向けて、勉強疲れにぴったりなおすすめ気分転換の方法を書いていきます。

気分転換の方法は良い方法も悪い方法もいろいろとありますが、それによって勉強の効率が上がったりするので非常に大切です。

勉強に疲れた時の気分転換の方法や注意点・コツあたりを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

本記事の内容は以下の通りになります。

  • 勉強に疲れた時におすすめな気分転換の方法
  • 気分転換をする際のちょっとしたコツ
  • 勉強中の気分転換の注意点

それでは、次の章から勉強の気分転換方法について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク



勉強には適度な気分転換が必要

勉強をしていると必ず疲れが溜まっていきます。

勉強疲れがたまると、

  • 集中力が低下する
  • やる気が無くなる
  • 最悪、勉強を諦めてしまう、、、など

勉強に本気で取り組んでいる受験生などの方にとってはマイナスしかありません

勉強疲れが溜まってきたと感じたら、なるべく早く気分転換を図ってまた勉強のやる気を取り戻したいところです。

 

勉強で疲れた時の気分転換のポイント

勉強で疲れた時、気分転換をする際にちょっとしたポイントがあるのでそれを紹介していきます。

具体的には以下の3点です。

  • 集中力が落ちてきたと感じたらこまめに気分転換する
  • 気分転換が長引かないように気をつける
  • 無駄に集中力を使うような気分転換の方法は避ける

これらを意識しながら気分転換をすると、勉強の邪魔をすることなくうまく気分もリフレッシュすることができます。

それでは一つずつ説明していきます。

集中力が落ちてきたと感じたらこまめに気分転換する

集中力が落ちてきたと感じた時にはすぐに気分転換をするようにしましょう。

ちょっとでも集中力が落ちてくると勉強効率がガタ落ちするし、一度集中力が切れると勉強を続けているうちは集中力が回復することはありませんので。

疲れて集中力が低下してきた時は、素直に気分転換をしてリフレッシュするのが一番です。

気分転換が長引かないように気をつける

気分転換をする際に注意したいのが、気分転換の時間が長引いてしまい勉強時間が無くなってしまうことがないようにするという点です。

ちょっと気分転換のつもりで勉強を休んでいたのに、ついついゲームとか漫画などを楽しんでしまって、時計を見ると1時間・2時間過ぎていた、みたいなことが起こり得るのでこれは避けましょう。

気分転換が長引いてしまう事態を防ぐ方法については後述します。

無駄に集中力を使うような気分転換の方法は避ける

気分転換の方法はたくさん考えられますが、基本的に集中力を消費するような頭を使う気分転換法は避けた方が良いです。

なぜなら、頭を使うことを気分転換中に行うと、そちらで集中力が消費されることにより勉強に戻った時に集中力が欠けた状態で再開しなければならなくなるからです。

例えば、スマホをいじったりゲームをしたりというのは、かなり頭のリソースを使う作業になるので勉強の合間に気分転換として行うのはお勧めできません。

勉強に疲れた時の気分転換としては、もっと頭の中を休めることができる方法で気分を変えるようにするべきです。

スポンサードリンク



勉強疲れにぴったりなおすすめ気分転換の方法

さて、ではここからは勉強疲れを取るのにぴったりなおすすめ気分転換方法を具体的に紹介していきたいと思います。

好きな音楽を聴く

自分の好きな音楽を聴くことは気分転換の方法としてすごくお勧めできます

好きな音楽を聴くことで気分も高まりますし、疲れた気持ちを癒すこともできます。また、曲の内容によっては「よし、頑張るぞ!!」というように自分を前向きにさせてくれるものもあります。

音楽を聴くことは精神的な安定にもつながるので、かなりオススメの気分転換の方法です。

瞑想をする

瞑想は集中力を回復して作業効率を上げたり頭の中を真っ白にできたりと、脳の疲れを取るにはぴったりな気分転換の方法です。

バリバリ働いている社会人でも瞑想をすることで集中力を高めるということを実践していたりしますし、瞑想の効果は至る所で話題になっています。

ちょっと勉強に疲れが出てきたと感じた時には、目を閉じて無心になってみると、それまでの疲れが嘘だったかのように無くなるかもしれません。

コーヒーやお茶を飲みながらゆっくりする

コーヒーやお茶を飲みながらゆっくりすることも、勉強で疲れた体力を回復するのにおすすめな方法です。

コーヒーやお茶を飲むと頭が冴えるし目も覚めるので、気分転換後の勉強が捗りやすくなります。

さらに、コーヒーとか飲みながらのんびりすることで勉強で疲れた頭をしっかりと休めることもでき、勉強にとって非常にプラスが大きいです。

部屋の片付けをする

気分転換として部屋の片付けをするというのも良い方法です。

身の回りが散らかっていると注意散漫になって勉強に集中できなかったりするので、身の回りの片付けをして勉強環境を整えると気分転換ついでに勉強環境整理までできます。

ちょっと勉強机の上を整理するとか部屋の中の遊び道具を目につかないところに片付けると、勉強に集中できる環境が整うのでおすすめです。

友達や先生と話をする

多分、結構多くの人が勉強に疲れた時の気分転換法として友達や先生とおしゃべりをするということを行なっているのではないでしょうか。

誰かと話をすると憂鬱な気分も慰めてもらえたり、みんなの勉強方法や勉強の進捗状況なんかを聴くことができるので、自分の勉強にとっての好影響が大きいです

なお、下記の記事で書いているように、友達と一緒に勉強することには良い点もあれば悪い点もあるので、自分の勉強スタイルに合わせて考えると良いかと思います。詳しくは下記の記事を参照してください。

あわせて読みたい
友達と勉強するのは効果的??【複数人で勉強することのメリットとデメリット】 本記事ではこのような疑問に対して、友達と一緒に勉強することのメリットとデメリットを説明していきます。 一人で勉強する方が集...

外に出る

勉強に疲れた時は一度外に出てゆっくりしてみましょう。

外気を吸うと身も心も引き締まってスッキリします。特に受験生など勉強をしている人は室内にこもりがちになるので、適度に外に出ることで気分転換を図ると良いです。

勉強で疲れた時は、たまに外を散歩してみたり少しベランダでゆっくりしたりと外の空気を吸って心機一転勉強に対するモチベーションをアップさせましょう。

深呼吸する

深呼吸をすることも勉強合間の気分転換方法としておすすめできます

勉強していると背中が丸くなるなど姿勢が悪くなるので、背筋を伸ばしながら深呼吸をするとかなりスッキリします。

軽いストレッチを併せて行うとさらに効果的です。

軽く運動をする

軽い運動をすると勉強で硬くなった体をほぐすことができてすごく気持ちいいですし、頭の中もかなりスッキリします。

ストレッチをしたり軽くランニングをしたり筋トレをしたり、あまり体力を消費し過ぎない程度に体を動かすと良い気分転換になりますよ

目を閉じてゆっくりする

目を閉じてゆっくりするだけでも気分転換としては非常に効果があります

人間は割と視覚からたくさんの情報を得ているので、目を閉じて外部からの情報を無くしてしまうとかなり休まります。

周りがうるさくてゆっくりできないという人は耳栓を使うのがおすすめです。下記の記事で紹介しているように耳栓は勉強中にも使えるのでおすすめ勉強アイテムです。

あわせて読みたい
勉強中に耳栓を使うと集中力が劇的にUP!?【おすすめ勉強アイテムです】 本記事ではこのような悩みを抱えている人に向けて、勉強中の雑音対策として耳栓がおすすめできるということについて書いていきます。 ...

勉強場所を変える

勉強に疲れた時に気分を変える一番手っ取り早い方法が勉強場所を変えることです。

私も集中力が切れてきたと感じた時にはよく勉強場所を変えていました。

自宅→図書館→カフェ→自宅、、、みたいな感じで。

移動時間がちょうど良い休憩になりますし、勉強場所を変えた後は新鮮な気持ちで勉強に戻ることができておすすめです。

下記の記事では勉強場所を変えることのメリットなどをまとめていますので、詳しく知りたい方は参照してください。

あわせて読みたい
勉強場所を変えることのメリット【疲れて集中力が切れた時は勉強場所を変えるべき】 この記事では、勉強場所を変えることのメリット、について書いていきます。 同じ場所で一日中勉強している人は多いかもしれません...

勉強ブログの記事を読む

ちょっと休みながら勉強ブログの記事を読むのもおすすめです。

勉強方法や勉強に役立つ情報を発信しているブログは沢山ありますし、このブログでも例えば下記のように勉強している人に役立つ記事を多数用意しています。

受験生なら自分の志望校の学生が運営しているブログ記事を読むと、勉強のモチベーションも上がって勉強方法についても知れるので良いかもしれません

あわせて読みたい
【英語学習の全て】英語を勉強する際の理想的な順番を解説【センター試験満点狙える】 このような悩みを持たれている方に向けて、本記事では英語を勉強する際の理想的な順番について書いていきたいと思います。 この記...
あわせて読みたい
【英語学習のコツ】単語力が全て、単語帳は雑に読むべき【TOEIC900点超え東大生が教える】 「語学は一朝一夕に身につくものではない」なんてよく言われていますよね。でも受験や定期試験を考えたらタイムリミットはあまりない.....

甘いものを食べる

勉強で頭を使っていると糖分不足で疲れが溜まってくるので、適度に甘いものを食べて糖分摂取すると疲労を回復できます。

食べ過ぎには注意ですが、甘いものを食べると簡単に気分を変えることができますし勉強に戻りやすくなります。

勉強と甘いものの関係についても下記の記事を用意していますので、ぜひ詳しく知りたい方は参照してください。

あわせて読みたい
勉強中に甘いものを食べても大丈夫?【効果やメリット・デメリットや注意点】 このような疑問を抱えている人に向けて、勉強中に甘いものを食べることの効果やメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。 ...

仮眠をとる

勉強途中に仮眠を取ることにはいろんな面で良い効果があるのでかなり推奨できます

例えば、ある実験では同じ勉強時間でも途中で仮眠を取ったグループと仮眠を取らなかったグループを比較すると、前者のプループの方が勉強内容をより覚えていたという結果が出ていたりします。

このように、仮眠を取ると記憶の定着という意味でも良い効果がありますし、体力を回復できたり気分を変えれたりとプラスが多いです。

ちなみに、仮眠をとることは作業効率の上昇にもつながるのでGoogleなどの大企業でも勧められています。

仮眠の取り方にはちょっとしたコツがありますので、知りたい方はぜひ下記の記事を読んでください。

あわせて読みたい
勉強で疲れた時は仮眠を取るだけで回復できます【仮眠の取り方を解説】 この記事ではこのような悩みに答えていきます。 私は受験生時代はかなり仮眠を取っていたのですが、上記のような悩みを抱えていた...

シャワーを浴びる

自宅で勉強している場合に限定されますが、シャワーを浴びるというのも気分をリフレッシュできてちょうど良い気分転換になります

シャワーを浴びてさっぱりした状態で勉強に戻ると一から頑張ろうと思えますし、そこまで長い休憩にもならないので勉強時間が短くなるリスクも少ないです。

好きな科目の復習をする

意外におすすめなのが、好きな科目の復習をすることです。

勉強の気分転換に勉強をするというちょっと不思議な状態にはなりますが、好きな科目でしかも以前勉強したことがあることの復習ならそんなに頭を使う必要もないので、案外復習しながらでもゆったりできると思います。

「勉強していない」みたいな罪悪感も感じなくて済みますし、勉強しないといけないけどゆっくりしたい時にはおすすめです。

スポンサードリンク



勉強中に気分転換をするタイミング

勉強中に気分転換をするタイミングについては、基本的には以下のようなタイミングが良いと思います。

  • 集中力が切れてきたと感じた時
  • 同じ勉強に飽きてきた時
  • 体が痛いとか頭がぼーっとするなど疲労が溜まった時、、、など

このように、疲労が溜まったり集中力が欠けてくると勉強していても効率がゲキ落ちするので、一旦気分転換として休んだ方が良いです。

あまりに無理しすぎて体を壊したら最悪ですし、そうでなくても勉強しているのに内容が頭に入ってこないなんて時間の無駄すぎます。

勉強に疲れた時はちょっと休んだ方が結果としては効率が良かったりしますので、無理せず素直に休むのが吉です。

気分転換するなら勉強は途中止めの方が良い

あと、気分転換をする時は勉強を途中止めにした方が良いです。

よく「キリのいいところまで勉強したら休憩にしよう」と言う人がいますが、意外なことにこれは勉強にとってはマイナスだったりするんです。

キリのいいところまで勉強して休憩に入ると勉強が一区切りしたという満足感が出てくるので、休憩後に勉強に戻ることが難しくなってしまいます

それよりもすごく中途半端なところであえて勉強中止にした方が、「まだ勉強が残っている」という意識を持ち続けられますし、途中終わりの気持ち悪さみたいなのも感じられるので、休憩が長引いて勉強を再開しないという事態を防ぐことができます

気分転換をするなら「あえて中途半端に勉強を終える」のが良い方法です。

「もうちょっと頑張る」はアリだけど無理はしない

勉強に疲れていても「もうちょっと頑張ろう」と努力する人は結構いるかもしれません。

もちろん、それだけ勉強にひたむきに取り組んでいることは素晴らしいのですが、集中できない状態のままでは勉強効率が悪いですし、最悪の場合、疲れが溜まって体を壊してしまうなんてことも、、、

正直、疲れた時は無理せずに休んだ方が結果としては上手くいくと思いますので、「ちょっと休んで勉強頑張ろう」みたいに思考をシフトした方が良いかもです。

上記で紹介したような気分転換の方法ならそれほど長引くこともないですし、本当に少しだけの休憩でも勉強効率は天と地ほど変わってきますので。

 

【注意】気分転換の時間が長くなると勉強する気が無くなる

勉強中に気分転換をする際に注意したいのが、気分転換の時間が長引くと勉強に対するやる気が消え失せてしまうかも、ということです。

気分転換の時間が長引くと当然ですがそれだけ勉強時間が削られるわけですし、何より勉強に対するモチベーションがなくなってしまいそのまま勉強しなくなるなんてこともあり得ます。

なので、気分転換が長くならないように防止策を講じないといけません。

気分転換が長引くことを防ぐ方法

気分転換の時間が長引くことを防止する方法ですが、基本的には以下のようなことを実行すればOKです。

  • スマホやゲームなど誘惑的なものを触らない
  • 勉強を中途半端に終わらせておく
  • 人に見られる場所で勉強する
  • 勉強環境に娯楽道具を置かない、、、など

この辺りは、下記の「休憩が長引くことを防ぐ方法」について書いている記事にも詳しく書いていますので、そちらを併せてご覧ください。

あわせて読みたい
【勉強の休憩が長引く原因】時間を無駄にしない休憩方法のポイント どうもどうも 今回は『休憩が長引く原因と休憩方法のポイント』というテーマで書いていきたいと思います。 勉強をしている...

3つ目の人に見られる場所で勉強するというのは、下記の記事で紹介しているように心理学的にもかなりおすすめの方法です。心理学の知識をうまく勉強に活かしたい人はぜひ下記の記事を読んでください。

あわせて読みたい
【客観的自己注視状態】周りの視線で勉強のやる気が高まる!?【勉強の心理学】 この記事では上記のように勉強のやる気が起きない人に向けて、心理学の観点から勉強のやる気を起こすためのおすすめな方法を紹介していき...

特にスマホには要注意!!

気分転換が長引く原因として一番大きいのはおそらくスマホでしょう

スマホは勉強の大敵。ちょっとのつもりで触り始めてTwitterとかLINEとかを見るとそこからズルズルと休み時間が伸びていきます。

一番良いスマホ遊び対策としては、勉強環境の中にスマホを置かないという方法です

例えば、自分の部屋で勉強している人ならリビングにスマホを置いたままにするとか、外出して勉強する人なら家にスマホを置きっぱなしにするとか、、、

勉強している時には身の回りにスマホがない状況にすれば、スマホで遊んで勉強時間を無駄にしてしまうことが防げます。

 

本記事の内容は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます。
他にも勉強に役立つ記事をたくさん用意していますので、ぜひそれらも読んでください。

スポンサードリンク