休憩方法

正しい休憩方法で勉強の効果が向上する【休み方で勉強効率が上がります】

自分の休憩方法で大丈夫なのか知りたい。もしも勉強の効果を上げるような休憩方法があるなら教えてほしい。

本記事ではこのような悩みを抱えている人に向けて、正しい休憩方法で勉強の効果が向上する、というテーマで書いていきます。

勉強の休憩方法というのは案外見落とされがちですが、すごく重要だったりします。

なので、自分の休憩方法が正しいかどうかに不安のある方は、ぜひ本記事の内容を参考にして休憩方法の改善をしてみてください。

本記事の内容は以下の通りとなっています。

  • 勉強における休憩方法の大切さ
  • 休憩のタイミングと適切な休憩時間
  • 勉強の効率を上げるおすすめな休憩方法

本記事を参考にして休憩方法を改善すればきっと勉強の質も高まるはずですので、ぜひ実践してみてください。

 

勉強で成果を出すには休憩方法も大切です

勉強で結果を出したい、成績を上げたいという人は多いのですが、多くの人は勉強時間や勉強方法に目が行きがちです。

でも勉強時間や勉強内容と同じくらい休憩方法も大切なのです

なぜなら、休憩方法によってその後の勉強の質が高まったり、勉強が継続できたりと、休むことが勉強に影響を与えるからです。

例えば、勉強の合間の休憩としてスマホを触っていると10分の休憩のつもりが1時間以上ダラダラ過ごしてしまったということは学生によくあります。

逆に、休憩方法として仮眠をとると勉強の質が高まるというのは科学的にも言われていたりします。

このように、勉強の質や量は休憩方法によってかなり左右されるので、正しい休憩方法で休まないと無駄に時間を使ってしまうことになります。

もしも休憩方法についてあまり意識をしていなかったという方がいるなら、ちょっと見直すことで劇的に勉強の効果が向上するかもしれません。

 

勉強効率を上げる休憩のタイミング

次に、適切な休憩のタイミングのお話です。

過去にも書いたのですが、長時間連続で勉強することは勉強効率が悪い状況下での勉強時間を増やすだけなのでお勧めできません

あわせて読みたい
長時間勉強するのは効率が悪い?!無駄に量を増やすのは悪影響どうもどうも。 今回は『長時間勉強は効率が悪いのか』というテーマで書いていきたいと思います。 よく受験生の勉強報告で「今日は...

ということは、長時間の勉強を避けるためにこまめに休憩を取る方が良いということになります。

そして、下記の記事でも科学的に認められた効率の良い勉強法として紹介したポモドーロテクニックですが、これは25分の勉強と5分の休憩を繰り返すというものでした。

あわせて読みたい
ポモドーロテクニックを使った勉強法で集中力UP!効率的に勉強できる手法 この記事ではこのような悩みにお答えするために「ポモドーロテクニックを使った勉強法」を紹介したいと思います。 ポモドーロテク...

そうすると基本的には、25分〜30分くらい勉強したら休憩を挟むくらいのペースが効果的であると言えます。

もちろん、個々人の勉強量や勉強内容にもよりますが、あまり長時間の勉強にならないように完全に疲れる前に休憩を取る方が良いと思います。

スポンサードリンク



適切な休憩時間は10分以内

では次に適切な休憩時間はどれくらいなのかという点についてです。

基本的に休憩時間は短い方が良いです。

だいたい10分以内のイメージです。

なぜなら、休憩時間が長ければ長いほど、スマホやゲームなど他の誘惑に流れてしまう恐れが高くなるからです。

一度スマホなどの娯楽にのめり込むと勉強に意識を戻すのはすごく大変なので、休憩中はスマホを触らないというのを徹底した方が良いと思います。

そして、そのための一手段として、休憩時間を短くするというのが案外効果的だったりするのです。

休憩時間が短いとしっかり休めないから疲れが取れないのでは?」という疑問もあるかと思いますが、その点はあまり心配しなくてもいいと思います。

  • そもそも長時間勉強しないからそれほど長い休憩時間は不必要
  • 10分あれば集中力はかなり回復する
  • 眼と頭さえ回復すれば十分勉強できる

体を動かしているわけではないので、それほど長い休憩時間は必要ありません。

個人的な感覚でも勉強の休憩時間は10分あれば十分すぎると思いますし、先ほども触れたポモドーロでも10分くらいの短時間休憩が科学的に勧められていることからも、やはり長時間の休憩は逆にダレるので避けるべきです。

もし10分くらいの休憩で勉強を始めた際に「全然やる気が出ない、集中できない」と感じた場合は、勉強を5分とかで切り上げてまた10分くらい休むといいかもしれません。

あるいは、下記の記事でも紹介したように、勉強場所を変えてみると心機一転頑張ろうと思えるかもしれないので試してみてください。

あわせて読みたい
勉強場所を変えることのメリット【疲れて集中力が切れた時は勉強場所を変えるべき】 この記事では、勉強場所を変えることのメリット、について書いていきます。 同じ場所で一日中勉強している人は多いかもしれません...

 

スポンサードリンク



勉強効率を上げるおすすめな休憩方法

さて、それでは勉強の効率を上げるおすすめな休憩方法について書いていきます。

基本的に下記の記事で紹介しているような基準に沿って効果的な休憩かどうかを判断すれば大丈夫です。

あわせて読みたい
【勉強の休憩が長引く原因】時間を無駄にしない休憩方法のポイント どうもどうも 今回は『休憩が長引く原因と休憩方法のポイント』というテーマで書いていきたいと思います。 勉強をしている...

個人的におすすめなのは以下のような休憩方法です。

  • 瞑想
  • 仮眠
  • ストレッチ
  • シャワーを浴びる
  • 無心でぼーっとする、、、など

基本的には何もせずに頭を空っぽにするのが一番良いと思います。

ストレスが溜まっているならストレッチとかシャワーを浴びるとスッキリするのでお勧めです。

あとは、

  • グミを食べる
  • 飴を舐める
  • ドライフルーツを食べる

などの甘いものを食べることも勉強に疲れた時にはお勧めできる休憩方法です。

 

ダメな休憩方法をしている人は要注意

ダメな休憩方法をしていると感じた人は要注意です。

もしかすると、その休憩方法のせいで自分の成績が全然上がっていないということもあり得ます。

特に気を付けたいのは以下のような休憩方法をとることが多い人です。

  • スマホを触る
  • ゲームをプレイ
  • 漫画を読む
  • テレビを見る
  • ネットサーフィンをする
  • YouTubeを見続ける、、、など

このような休憩方法の人は、自分の休憩時間が知らず識らずのうちに長引いてしまっている恐れがあります。

勉強時間を8時間も確保したのに、実際にはその内の半分以上は休憩していたみたいに。

人間はどうしても楽な方へと流れがちな生き物なので、そこをしっかりと自分を律することで乗り越える必要があります。

でも、一度娯楽に手を出すと、そこから抜け出すのは容易ではありません。

なので、娯楽的な休憩方法に手を出さないようにあらかじめ予防線を張っておくことが大切なのです。

もしも、自分の成績が思ったように伸びていないと感じることがあれば、一度自分の休憩方法がちゃんとしているのかどうかを確認してみてください。

 

以上

スポンサードリンク