朝勉強

朝起きてすぐの勉強が捗る理由〜受験生には朝活がオススメ〜

どうもどうも。

今回は『朝は勉強が捗る』というテーマで書いていきたいと思います。

受験生や学生が勉強する時間といえば夜が定番かと思います。

特に大学受験を控えている人は深夜遅くまで勉強机に座って勉強しているというイメージがありますよね。

ですが、今回は朝の勉強が効果的でオススメという内容になります。

意外に朝の勉強を軽視している人は多いのですが、朝起きてすぐに勉強を始めることが思わぬ効果を生むのです。

なので、私は朝起きてすぐに短時間でもいいので勉強をすることをオススメしています。

今回は、なぜ朝起きてすぐに勉強した方がいいのか朝起きて勉強するなら何を勉強した方がいいのか、ということを書いていきます。

朝勉強するのは苦手だという人はぜひ本記事を参考にして朝活を始めてみてください。

スポンサードリンク



 

朝は静かで勉強に集中しやすい

 

朝は環境的に一番勉強に向いている時間帯です。

朝起きてすぐ(6時〜7時くらい)はまだ寝ている人が多かったり仕事や学校の準備をしている人が多いから、まだ周囲に生活音がなくてとても静かな状態です。

特に朝早ければ早いほど寝ている人が多くなり静かさが増します。

勉強するときに周りあうるさくて集中できないという経験は誰しも体験したことがあると思いますが、朝起きてすぐに勉強を始めるとその苦痛がなくて済みます。

周りがうるさいと集中もできないしストレスも溜まりますからね。

やっぱり勉強するときは静かな環境の方が適しています。

勉強の環境面を考えると、勉強する時間帯として最も効果的で集中できるのは朝起きてすぐということになるわけです。

 

頭がスッキリしていて勉強効率が良い

 

朝起きてすぐは睡眠のおかげで脳がリフレッシュされています。

なので勉強を始めるとすごく効率よくサクサクと勉強が進みます

「起きてすぐは頭がぼーっとしてて勉強できないよ〜」と思う方もいるかと思いますが、朝に勉強を始めてみると意外に集中できるし頭もちゃんと働いてくれます。

確かに朝の勉強の最初は頭も回らなかったりするのですが、5分・10分勉強を続けるとだんだんと頭もシャキッとして動き出します。

5分・10分くらいぼーっとしながら教科書を読むのは起きてすぐじゃなくてもよくあることなのでそれほど気にすることはありません。

むしろ、朝に頭を働かせる習慣をつけるとその後の勉強にもスムーズに移行できるので全体として見るととても効果的です

集中力的にもその後の勉強的にも一番勉強効率の高いのが朝の勉強なので、少しだけでもいいので朝活をする習慣を身につけるとすごく成績が伸びると思いますよ。

 

朝は精神的にゆとりがあって安定している

 

精神的に一番安定しているのは朝起きてすぐです。

勉強は自分の精神状況やメンタル面にかなり影響を受けてしまいます。

例えば、友達や恋人と激しい喧嘩をしてしまった夜なんて勉強に全然集中できませんよね。部活で大失敗してしまった日の夜に勉強なんてできませんよね。

勉強に集中するなら精神的な安定が絶対条件といっても過言ではないくらいに重要なのです。

上記の例のように、夜はそれまでに一日いろんな出来事があるので精神が乱れていることが多いのです。

朝起きてすぐなら前日に嫌なことがあっても睡眠でリセットされていることも多いですし、一日置くことによってそれを感情的に捉えるのではなく冷静に見ることができるので、嫌な出来事に振り回されて勉強に集中できなくなるおそれが低いです。

何か嫌な出来事があって夜勉強するのが辛い人は一旦睡眠をとって、朝起きた後で勉強を開始することをオススメします。

大抵のことは一日眠ればスッキリして忘れてしまいます

どうしても忘れられないようなことなら、話し合いや愚痴をこぼすなどの方法でスッキリさせるのがいいと思いますが、そこまでのレベルの問題はあまり起きないはずなのでほとんど寝れば解決します。

朝活を習慣付けていれば夜勉強せずに寝ることに躊躇することもないと思いますので、夜は諦めて朝に効率的に勉強をする方が効果的だしオススメですよ。

スポンサードリンク



 

朝に勉強するならオススメは前日の復習と頭を使う問題を解くこと

 

私がオススメする朝起きてすぐの勉強は、「前日の復習」と「頭を使う問題を解く」ことです。

 

朝にオススメな勉強①:前日の復習

 

前日の復習は30分くらいでも十分だと思います。

前日に暗記モノの勉強をしたのならその部分をさらっと見返して覚えているか確認する。

覚えているものはそのまま飛ばして、覚えていなければしっかりと暗記して覚える。

これをやるだけでも暗記系の科目はかなり得意になるはずです。

もしも前日の勉強が数学や英語の問題集なら、前日に解けた問題を見て自分がちゃんと理解できているのかを確認しましょう。

 

何かを勉強して覚えようとするなら「思い出す」ことがとても重要なのですが、朝起きてすぐに前日の復習をすると忘れかけていることを思い出すことができるのでとても効果的に物事を覚えることができるのです。

このような意味で朝の勉強のオススメとして「前日の復習」を強く推しているのです。

短時間だけでも効果はあるので是非試していただきたいところです。

 

朝にオススメな勉強②:頭を使う問題を解く

 

頭を使う問題とは、ただただ暗記するだけではなく自分の力で考えて問題を解くようなものです。典型的には数学の応用問題とか現代文の長文読解問題がそうです。

なぜ朝に頭を使う問題を解く方がいいのかという理由としては、まず寝ぼけている頭を動かすことができるという点があります。

さすがに起きてすぐは数分間ぼーっとしていることも多いとも思いますが、そのままの状態で放置してしまうとぼーっとしている状態が次第に30分とか長引いてしまいます。

それを避けるために起きてすぐに頭を使う勉強をすることで頭をしっかりと働かせることができます。

朝から頭を働かせるのは難しそうに思うかもしれませんが、意外に問題を解いているとしっかりと動いてくれるのでまずは一度試してください。

朝に頭を使う問題を解くことをオススメするその他の理由は、朝の方が頭が疲れていないので問題をスラスラ解けるからです。

夜いくら考えても解けなかった問題に一日置いてもう一度チャレンジするとあっさり解けてしまうということはよくあります。

特に朝は脳がリセットされて疲労がない状態で突然のひらめきが浮かびやすくなっているので、問題があっさり解ける可能性が高いです。

一度自分の力で問題を解けるようになるとそれと同様の問題は解けるので最初が肝心なのですが、朝に勉強すると思わぬひらめきのおかげで問題が解けてしまいます。

このような意味でも、朝に勉強する方が自分の力が伸びるということは言えると思います。
夜いくら考えても問題を解けない場合は、一旦寝て朝起きて挑戦してみてください。

というわけで、これが私が朝活として頭を使う問題を解くことをオススメする理由です。

 

スポンサードリンク