英語の勉強法

【英語学習のコツ】単語力が全て、単語帳は雑に読むべき【TOEIC900点超え東大生が教える】

試験で英語の点数を手っ取り早くアップさせたいな…英語学習のコツが知りたい。

「語学は一朝一夕に身につくものではない」なんてよく言われていますよね。でも受験や定期試験を考えたらタイムリミットはあまりない…英語を一からやり直すにも時間がない。そんな場合でもちょっとしたコツにより試験で点数を取ることは意外と短期間で達成できるのをご存知でしたか?

そんな英語学習のコツについて具体例を交えながら書いていきます。

本記事の内容は以下の通りです。

  • 語学学習に関する心構え
  • なぜ英語の文章が理解できないのか?
  • 短期間で英語の点数を上げるためには?

時間がない、英語をゼロからやり直すのは無理と思っている人にこそおすすめしたい方法です。

スポンサードリンク



語学学習に対する心構え

こと英語学習のコツとなるとそれぞれの人が様々な意見を持っています。

自然と洋楽を聞いていたら話せるようになった。だから洋楽を聞くべきだ。
毎日外国人とチャットしていたら英語が得意になった。だから外国人とチャットするべきだ。

しかし、現実問題として試験で点数を取りたいだけの人が洋楽を聞いたりチャットをしたりする余裕があるでしょうか。

答えはノーです。

人にはそれぞれ好き嫌いがあります。洋楽やチャットをするのが好きな人もいれば、英語なんて試験だけの触れ合いにとどめたいという人もいます。

もちろん色々な勉強法を試すのは良いですが、勉強法について数多くの考え方がある中で無理してあなたに合わない方法で学習する必要はないのです。

語学を学習するときの心構えとして重要なのは、あなたがその語学を使って何をしたいかを明確に描くことです。

これから英語を日常で使う予定はないし、外国にも興味はない、しかし試験で必要だから英語を勉強している、そのような場合でも決して他者と比較して劣っているなどと考える必要はありません。

あなたが語学に対して何を望むかを明確にさえできていれば十分なのです。

以下では、とりあえず試験を乗り切りたい、しかも短期間で英語の点数をアップさせたいという方に向けて、おすすめの方法や英語学習のコツをご紹介します。

英語の文章が理解できない原因とは?【コツがあります】

英語の文章を読み進める際に、難関となるのは何でしょうか。

そもそも皆さんが今このブログを読んで理解することが出来るのはなぜでしょう?それは、皆さんが、「英語」「理解」「原因」といった単語の意味を知っているからに他なりません。

英語の文章を読んで、手も足も出ない状況になってしまう原因の大きな要因は単語力不足にあるといっても過言ではありません。

つまり、とにかく単語力を伸ばすこと。これこそが英語学習のコツというわけです。

ためしに下記のBBCニュースオンライン版のトピックスを見てみましょう。

US President Donald Trump has announced tariffs on all goods coming from Mexico, demanding the country curb illegal immigration into the US.

(引用:BBC https://www.bbc.com/news/world-us-canada-48469408

ここで、多くの人はこのトピックが主に「トランプ大統領」「アメリカ」と「メキシコ」についてであることは理解できたと思います。

しかし、tariff, demand, goods, curb, illegal, immigrationという単語となってくると少し自信が無くなってくる方もいるのではないでしょうか。

ここで、もしtariffが関税、goodsが生産品、immigrationが移民とわかっていたらどうでしょうか。

アメリカ大統領トランプannounced(アナウンスド)、関税、全ての生産品coming fromメキシコ、移民intoアメリカ…

細かいところがよくわからなくても、「トランプが発言」「アメリカへの移民問題」「メキシコから来る全ての生産品に関税をかけること」の三点は理解できたのではないでしょうか。

そしてこの三点から、「アメリカへの不法移民問題につきメキシコが対策を取るようプレッシャーをかけるためトランプ大統領が全てのメキシコ産品に関税をかけることを発表したこと」という流れをつかむことはそこまで難しくないはずです。

つまり難しく見える文章でも単語力を高め、一定程度の想像力で補うことで飛躍的に理解力を上げることができるのです

このように英語学習においては、単語力を中心的に鍛えるというこれだけのコツで一気に英語の理解力を高めることができるというわけです。

スポンサードリンク



短期間で英語の点数を上げるためには?【コツは雑に単語帳を読むこと】

上記の例で確認できたように英語学習においては単語力がカギとなります。

特に短期間で点数をアップさせたい場合は、やはりどれほど自分が知っている単語を増やせるかという勝負になってきます。

しかし、単語力を鍛えるのがコツといっても、どのように単語力を高めることが出来るでしょうか?

私が実際に試していたのは、単語帳を購入しひたすらパラパラと何回も繰り返すことです。東大主席弁護士の山口真由さんは7回読み勉強法で有名ですが、私は単語帳に関しては50回通しくらいで読んでいました(笑)

しかし50回通しで読むといってもあまり時間はかかりません。

私は学校指定の『データベース5500』を利用していたのですが、行き帰りの通学時間二時間くらいで一周するレベルの速さで読んでいました。つまり相当「」な読み方をしていたということです。

読んでいるときは、覚えるとか理解するといったことにあまりこだわりすぎることなく、とりあえず読むという方法を取っていました。『データベース5500』はレベルが6までありますが、当時はレベル5と6は無視して4までをひたすら回していました。

『データベース5500』は少し焦点がずれているといったレビューもありますので、ほかのオーソドックスな単語帳も検討するのでも良いですが、何よりも私が重視していたのは何回も回すことです。これも単語力を高めるちょっとしたコツだと思います。

created by Rinker
¥1,100
(2019/10/20 19:43:10時点 Amazon調べ-詳細)

理解したか否かを自分で試したり、赤シートで一つ一つ見るといった作業は行わず、「とりあえず見たことがある」単語を増やすことを目標にしていました。

とりあえず見たことがある単語が長文に登場すると、その単語自体の意味を忘れてしまっても想像で補いながら全体的な文章の流れをつかむチャンスは爆発的に上がります。

一見忘れてしまったようでも、かつて見たことがある単語についてはイメージや使われていた例文といった関連情報が何らかの形で記憶(の奥深く)に残っており、想像で補う場合も突飛な方向性に向かうことは少なくなると自身の経験からも実感しています。

また、見たことがあったのにテスト時に意味を忘れてしまった単語は非常に悔しい思いを抱くため再度忘れる可能性が飛躍的に下がります。

そのため、長期的に見ても単語力の向上につながるという効果を生みます。

「雑」に単語帳を読むというのには抵抗が感じられるかもしれませんが、私の経験上これが単語力を劇的に伸ばすコツだと断言できます。

暗記系科目の乗り切り方については下記の記事がありますので、そちらもあわせて参照してくださいね。
「書いて覚える」は嘘だった?!暗記するなら書くより読む方がいい理由とは?

とりあえず、試験に向けて英語の点数を上げたい方には「単語帳をひたすら回す」勉強法をおすすめします。

単語帳の使い方について詳しい方法は別記事に掲載します。楽しみに待っていてください。

もしも英語の初学者で何を勉強していいのか全然分からないという場合は、下記の記事を読んでください。
【英語学習の全て】英語を勉強する際の理想的な順番を解説【センター試験満点狙える】

本記事の内容は以上となります。
他にも学習に役立つ記事を多数用意していますので、ぜひそちらもご覧ください。

(本記事はTOEIC900点を超えている東大生くんに英語学習のコツや単語力を鍛えるコツを書いていただいたものとなっています。)

スポンサードリンク