集中力

勉強場所を変えることのメリット【疲れて集中力が切れた時は勉強場所を変えるべき】

毎回同じ場所で勉強しているけど、勉強場所を変えた方が効率良かったりするのかな。違う場所で勉強することのメリットを知りたい。ついでにどういう場所で勉強すればいいのかも教えてほしい。

この記事では、勉強場所を変えることのメリット、について書いていきます。

同じ場所で一日中勉強している人は多いかもしれませんが、勉強場所を変えることには勉強にとって好影響だったりしますので、そのことについて知ってもらいたいと思います。

この記事の内容は以下の通りになります。

  • 勉強場所を変えることのメリット
  • 脳科学的にも勉強場所を変えるのはおすすめ
  • おすすめの勉強場所

集中力が続かないとか、疲れて勉強のペースが落ちるという悩みのある方は、この記事を読んで勉強場所を変えることを実践すると、かなり勉強効率が上がると思いますので参考にしてください。

スポンサードリンク



勉強場所を変えることのメリット

勉強場所を変えることにはメリットが大きいです

具体的には以下のようなメリットがあります。

勉強場所を変えることのメリット

  • 集中力をリセットできる
  • 気分転換できる
  • 勉強内容に合わせた環境を選べる

一つずつ説明します。

集中力をリセットできる

まず一つ目が、勉強場所を変えることで途切れた集中力をリセットできるということです。

勉強をしていると当然集中力が切れることがあるわけなのですが、こんな時に集中力を回復させるために一番手っ取り早い方法が、勉強場所を変えるということです。

勉強場所を変えるとその時間で頭の中が整理されます。

また、同じことをずっと続けると集中力がなくなるので、勉強場所や勉強内容を変えると集中力がリセットされます。

このように、同じ場所で勉強しているよりも、たまに勉強場所を変えた方が、集中力を保ったままの勉強ができるようになるわけです。

 

気分転換できる

第二のメリットが、勉強場所を変えることが気分転換になるという点です。

同じ場所での勉強はどうしても飽きやすくなりますし、だんだんと勉強のやる気も下降してしまいます。

でも勉強場所を変えることによって、心機一転一から勉強を始めるのと同じような気分になれるのです。

なので、勉強に疲れた時、勉強に飽きた時、勉強のやる気がなくなってきた時は勉強場所を変えることで気分転換を図ることができるのでおすすめです。

ちなみに、私の場合は受験生の頃、以下のようなタイミングで勉強場所を変えていました

  • 勉強に疲れを感じた時
  • 予定していた勉強が終わって一段落した時
  • どうしても勉強のやる気が出ない時、、、など

勉強場所を変えるだけでも「よし、勉強やるぞ!!」みたいな状態に戻れるので、気分が乗らない時はちょっと勉強場所を変えてみると良いです。

勉強内容に合わせた環境を選べる

第三のメリットは、勉強内容にとって適切な勉強環境を選べるということです。

勉強内容によって適切な環境があるのですが、勉強場所を変えることでそれぞれの勉強内容に合わせた環境に身を置けるため、勉強の効率を高めることができます。

例えば、声に出して英単語の暗記をする人は周りに人のいない場所の方がいいし、数学などじっくり問題を解きたい人は雑音のない静かな環境の方が良いですよね。

そんな感じで、自分のやりたい勉強に合わせて勉強場所を変えると、ストレスなく自分の思った通りの勉強ができます。

 

脳科学的にも勉強場所を変えると点数が上がると言われている!?

勉強場所を変えることで勉強にとって良い影響があるというのは脳科学的にも言われています。

例えば、この書籍でも実験によって勉強場所を変えた方が勉強の効果が高くなるという結果が出た話があります。

実験の詳細はぜひ書籍を読んで確認していただきたいですが、簡単にいうと「同じ背景で勉強したグループ」と「違う背景で勉強したグループ」では後者の方が勉強内容をよく覚えていたというものです。

これはつまり、同じ背景に囲まれているよりも異なる背景に囲まれて勉強していく方が、勉強の成果が出るということです。

このように、一つの環境に止まって勉強するよりも、勉強場所を変えることで環境を変化させた方が物事を覚える効率が高まるということはよく言われることなのです。

なので、勉強をしているのに全然成績が上がらないという人は、もしかしたら勉強場所を定期的に変えると結果が出やすくなるかもしれないので、ときどき勉強場所を変えてみるといいかもしれません。

なお、ここで紹介させていただいた書籍には他にも脳科学の観点から効率的な勉強法が紹介されていて参考になるので、気になる方は読んでみるといいかもしれません。

スポンサードリンク



どんな時に勉強場所を変えるべきか【勉強場所を変えるタイミング】

ここからは勉強場所を変えるタイミングの話です。

先ほども少し言いましたが、私は以下のようなタイミングで勉強場所を変えるようにしていました。

  • 勉強に疲れを感じた時
  • 予定していた勉強が終わって一段落した時
  • どうしても勉強のやる気が出ない時、、、など

私の場合は「勉強に疲れた時の気分転換」として勉強場所を変えることをしていました

人によって色々考え方はあるとは思いますが、個人的には勉強場所を変えることには気分をリフレッシュするという意味合いが強いと思っていましたので、気分転換法として行なっていた感じです。

勉強場所を変えるタイミングは人それぞれだと思います。

  • 勉強に集中できていないと感じた時
  • 勉強の効率が悪いと思った時
  • 科目ごとに勉強場所を変える
  • 時間帯ごとに勉強場所を変える
  • 気が向いたら勉強場所を変える、、、など

結論としては、どんなタイミングで勉強場所を変えるのもアリですが、自分の中で一番勉強への好影響が大きいタイミングを見極められるといいです。

 

おすすめ勉強場所

最後にですが、勉強場所を変える際におすすめの勉強場所をまとめておきたいと思います。

下記の記事で書いたように、基本的に勉強は人に見られた方が集中できるので、外に行くのがいいと思います。

あわせて読みたい
【客観的自己注視状態】周りの視線で勉強のやる気が高まる!?【勉強の心理学】 この記事では上記のように勉強のやる気が起きない人に向けて、心理学の観点から勉強のやる気を起こすためのおすすめな方法を紹介していき...

具体的には以下のような勉強場所を使うといいかなと。

  • カフェ
  • 図書館
  • マクドナルド
  • 電車の中
  • 公園
  • 自習室
  • リビング、、、など

最近はカフェや図書館によっては「学生の勉強はお断り」という厳しいところもありますのでそういう場合はそこは避けて、学生に寛容な場所で勉強するのが良いと思います。

あと、電車の中は意外に勉強におすすめだったりするのですが、長時間乗るのは迷惑になるので基本的には移動中に勉強するようにしましょう。

他にも自分の周りで勉強に使える場所をいくつかピックアップしておくと、いざ気分転換などで勉強場所を変える時に便利です。

スポンサードリンク